これぞ晴天のヘキレキ

アメリカを出国する時スタンプは!?

   

アメリカを出国する時スタンプは!?

入国する時は厳しく、出国するのは簡単なアメリカ。

あまりにあっさり出国できるので、戸惑ってしまいますね。

アメリカ入出国には、現在ESTAが導入されているため、出国時のスタンプさえなく、入国時にパスポートに添付されるI-94の半券を返却するだけの場合があります。

このI-94、入国時の添付忘れ、返却忘れという事もあるそうですので、注意が必要です。

今後ますます簡素化が進むと思われるアメリカ出国の際の手続きについて、まとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


Q.アメリカを出国する時はスタンプ押されないのですか?

出国と入国時に審査官によるパスポートへのスタンプがあるのがふつうだと思ってたんですが、
9月にハワイに行った際、出国時(日本へ帰る時)にパスポートに押されませんでした。

アメリカってそういうものなんですか?

今までカナダしか行ったことないんですが、カナダは出入国両方押されました。

引用元-アメリカ出国時のパスポートへのスタンプ – 北アメリカ 締切済 | 教えて!goo

A.私が知る、アメリカ出国の際のスタンプについて

アメリカから海外への出国の検査場(US Customs)はありませんので、出国のスタンプはありません。

でも、アメリカ行きの国際線のセキュリティーチェックはとても厳しいですから、そこで長い列に並んで時間がかかります。

アメリカ入国には長い時間がかかるときがあるので、アメリカの居住者で仕事で国際線を頻繁に利用する人には、Global Entryがあります。

Global Entryカードを持っていれば、入国は機械で自分で行うことが出来ます。

このカードをもっているとアメリカ入国の際にもスタンプが押されません。

引用元-アメリカ出国時のパスポートへのスタンプ – 北アメリカ | 【OKWAVE】

スタンプは押されないアメリカ出国手続き

一般的には出国に当たっては「出国手続き」があり、ブースで検査されます。

しかし、中にはチェックイン手続きにおいて出国手続きを済ませてしまい、特別に「出国審査」などブースを設けない国もあります。

アメリカ・メキシコ・イギリスなどが該当し、これらの国から出国する場合、「チェックイン」の段階で職員がパスポートを確認し、入国カードを取ります。

そして実はそれで出国手続きが済んでしまいます。ですので「出国手続きはこちら」という案内板はありません。

考えようによっては手続き終了後に空港を離れてしまい、そのまま滞在し続けるというような悪行を働く者もいるかもしれないという懸念を抱くかもしれませんが、それは結局「オーバーステイ」と同様になってしまうために、そこまで疑心暗鬼になる必要もないでしょう。

そのため、そのような出国システムをとる国においては、出発便に関しては、「国内線」と「国際線」を別ける必要がなくなってしまいます。

そこで結構な数の空港でターミナルは、「国内線出発到着・国際線出発ターミナル」と「国際線到着ターミナル」と分けられ、アメリカ系航空会社の場合、同じ航空会社であっても到着時と出発時でターミナルが異なるケースが発生します。

引用元-特殊な出入国の扱い

アメリカ出国の手順

アメリカ出国手続きの流れ

?STEP 1

航空会社のチェックインカウンターでチェックイン。

パスポート、航空券を渡し、荷物を預ける。荷物を預けた場合、預けた荷物の数だけ「クレームタッグ」と呼ばれる、半券をもらう。

席の希望がある場合は、チェックインの際に申し出れば、ある程度希望に添えるよう、航空会社の係員がしてくれる。

搭乗券(ボーディングパス)に、入国時に入国審査官がホッチキスでパスポートに付けてくれた、I-94Wの半券(出国カード)を搭乗券の裏に貼り付けかえてくれる。

?STEP 2

前記の通り、アメリカ(米国)の場合、出国審査がない。

手荷物検査を受けて、出発ゲートへ。ラップトップコンピューターを持っている場合は、カバンから出して、X線を通さなくてはならない。

?STEP 3

遅くとも30分前までには指定されたゲートへ。

チェックインの時とゲート番号が変更になる場合もあるので、必ずゲートへ行く前に、ゲート番号を再度モニターでチェック。

?STEP 4

搭乗は、小さい子供連れ、傷害のある方、ビジネスクラス乗客、そしてエコノミークラスの順番で搭乗が進む。

込んでいる場合は、席の後ろから搭乗させる場合もあるので注意。

ゲートを通る際に、再度パスポートチェックがあるので、写真のページを開いておこう。

?STEP 5

搭乗する際に、航空会社の職員が、搭乗券とともに、I-94Wの半券(通常搭乗券の裏に、チェックインの際にホチッキスで貼り付けられている)を回収する。

稀に、このI-94Wを、チェックインカウンターの職員が、搭乗券に貼り付けるのを忘れたりすると、この搭乗の際にI-94Wの回収を航空会社の職員が忘れる場合があるので、確実に回収されたか注意しよう。

万が一、このI-94Wが回収されなかった場合、「米国を出国」という記録が残らないことになり、次回米国に旅行する際に問題になる可能性がある。

もし回収されずに誤って持ち帰ってしまった場合、郵送による返却も可能だが、かなり面倒な手続きなので、十分に注意しよう。

引用元-アメリカ・出国手続き

I-94にはアメリカ入出国情報が記録されている

有効期限が切れてから返却する場合には、有効期限内にアメリカを出国していたと証明できる書類(航空券や他国の入国スタンプ、アメリカ国外で使用したクレジット明細など)を一緒に提出する必要があるようです。

有効期限が過ぎたら自分でパスポートから取って捨てれば良い、という情報も目にしますが、真偽の程は定かではありませんので、捨てる場合は自己責任でお願いします。

私は一度期限の切れたI-94をパスポートにつけたまま再度アメリカに入国したことがありますが、その際は怒られて二度とするなと言われただけで特に大きな問題にはなりませんでした。ちなみに古いI-94は審査官がちぎって捨てていました。。

ちなみにアメリカ入出国情報はインターネットで確認することもできます。 たとえI-94を返却し忘れても、こちらにちゃんと出国情報が入っていれば問題ないのかもしれません。

引用元-I-94の返し方、返し忘れたらどうする?【アメリカ陸路入国】 – 常に学生でありたい

今後アメリカを出国する時のI-94の自動管理化の可能性

パスポートチェックは出国手続きではなく、「出国情報管理」として機能していて、次の入国の際に入国審査官が、出国日のフライト搭乗者名簿と共に確認できるシステムがESTA施行以降に確立しています。

唯一、出国手続きであるのは、I-94 入出国記録カードの返却という作業です。

これ返却してしまうと、そのあとで空港の保安検査逆行してアメリカ国内に戻ったら違法状態です。

いやもちろん、その国際線に乗らずにそこに留まっていても違法状態ですよ、そのゲート前のところはいわゆる出国専用エリアではなくアメリカ国内ですから。

これがまさに出国手続きなわけです。

非移民ビザの人はI-94携帯が義務づけられています。

automatic revalidation(隣国に短期観光で出る際は出国扱いにされない)以外の時にはI-94返却をすることによって、出国と記録されます。

で、ビザ免除の人には以前はI-94Wがありましたが、ESTA施行後しばらくして空路と海路でI-94Wは廃止されましたので、I-94W携帯義務も返却義務もなく、よってビザ免除で空路/海路の場合の出国手続きは廃止されたことになります。

ESTAがI-94Wの代わりをしているようなものだから、、、という議論に対しては、ESTAは入国日に有効であれば良いので、滞在中ずっと携帯していなければならなかった、しかも有効でなければならなかったI-94Wとは違いますので、やはりI-94Wカードの代わりになる何かが存在して、それに裏で記録されて出国手続きとされている、ということは、少なくとも私は知りません。

ビザ免除の人の空路/海路入出国の場合は、出国手続きなき出国情報管理、と私は解釈しています。

いま、CBPがI-94 automationというシステムを動かし始めています。

I-94所持が義務である非移民ビザ用の空路と海路で紙のI-94を廃止、ネット上でI-94が参照できるシステムです。

これが稼働したら、非移民ビザの人もI-94の空港での返却という作業が不要になると思われますので、I-94の返却という作業は目に見えなくなりますが、I-94そのものの廃止ではないので、「非移民ビザの人の出国手続きは実質存在するが表向きは見えなくなる」ことになります。

引用元-アメリカは出国審査をしないのでしょうか?いまはわかりませんが911のあとの2003… – Yahoo!知恵袋

twitterの反応

 - 海外 留学 国際

ページ
上部へ