これぞ晴天のヘキレキ

インフルエンザ検査は発熱してから8時間経ってから

      2017/02/07

インフルエンザ検査は発熱してから8時間経ってから

毎年冬に流行するインフルエンザ

発熱したらまずインフルエンザかも?と思ってしまいますよね?

しかしインフルエンザの検査は発熱してからある程度時間が経たないと正確な結果が出ないと言われています。

12時間経ってから検査するのがいいと言われていますが、病院によっては8時間後でも検査できるようです。

早く結果が知りたい忙しい人には有難いですよね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


インフルエンザで発熱!ウイルスは8時間後に100個増殖

インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザ感染者がくしゃみや咳などで飛ばした唾を吸い込む、ドアノブやスイッチなど共有物をさわった手で自分の口や鼻を触ってしまう、そういったことがインフルエンザウイルスの感染ルートとなります。

感染から発症までの潜伏期間は2日前後で、場合によっては1週間ほど潜伏します。

体内に侵入したウイルスは、気道や肺に付着して20分ほどで細胞内に到達。

その後、ウイルスの増殖はかなり速く、侵入した1つのウイルスが8時間後には100個、16時間後には1万個、24時間後には100万個にまで増えていきます。

このウイルス増殖の速さがインフルエンザの流行を生むといわれ、近隣にあっという間に感染が拡大し、1ヶ月ほどで収束します。

引用元-【医師が監修】インフルエンザの潜伏期間中の感染力はどれくらい? | ヘルスケア大学

発熱8時間後ではインフルエンザ偽陰性になることも

インフルエンザの診断方法に迅速キットがあります。お子様の鼻に綿棒を入れて検査します。検査自体は直ぐに終わりますが、検査の結果が出るまでに1~2時間のお時間を頂く事があります。

また発症後(熱が出始めてから)8~12時間程度は検査の結果が偽陰性となる(実際にはインフルエンザであるのに、陰性と間違って出る)ことがしばしばあります。また、それ以降の時期でも偽陰性となることが10%程度あります。

なお、抗インフルエンザ薬(次の項もご参照下さい)を内服し始めた後に検査すると、やはり偽陰性となることが多くなりますが、半日から1日くらいは正確に陽性とと出ることが多いようです。

次の項にも書いてありますが発症後48時間経過すると抗インフルエンザ薬が効きにくくなります。しかし、検査をする事で病名を確定する意味はあります。

引用元-インフルエンザの診断と治療、予防方

インフルエンザで発熱後4~8時間で検査が出来る装置とは

もっと早く検査出来るかも?

また、病院によっては、高感度インフルエンザ検査が置いてある所があります。

一般的な迅速検査より100倍の感度があるとの事!

その装置がある場合は、4時間~8時間の間の段階でも診断がつくそうです。
12時間も待てないので早く検査して欲しい(人´∀`*)

と思う方は、掛かり付けの病院に「発熱などのインフルエンザの症状があるのですが、12時間経っていなくても検査は可能ですか?」と聞いてみて下さい。

掛かり付けの病院以外で探す場合は、病院のHPでも「高感度インフルエンザ検査が出来ます。」と載せている所があります。

パソコンかスマホでの探し方

お住まいの地域名(例:港区など)と
下記のいずれかを入力して探して見て下さい。

・「高感度インフルエンザ検査」
・「高感度インフルエンザ迅速診断システム」
・「インフルエンザ迅速検査機器」
・「富士ドライケム IMMUNO AG1」(商品名)

尚、この装置の感度は6時間以内で84.6%(企業発表)だそうです。

84.6%ってどうなのでしょうね(´・ω・`) ?

筆者が思うには、お仕事が忙しい方や受験生の方など、早めに体力を回復したい方は、その装置が置いてある医院に行って検査をしてみても良いのでは?と思います。

引用元-インフルエンザで発熱が!検査までの時間に要注意!? | はっぴいtopics

インフルエンザにかかったらするべき事とは

1:抗ウイルス剤の使用

インフルエンザに対して処方される薬は、主に2種類あります。ひとつはタミフルのカプセルか粉、そしてもうひとつは吸引するリレンザ。ウイルスの活動を抑えるために発症してからすぐに使用することが大切です。

2:解熱鎮痛剤の服用

解熱鎮痛剤は、痛みを緩和し、熱を下げる効果があります。喘息、高血圧、慢性疾患のある方は事前に医師に飲んで問題ないか確認しましょう。なお、アスピリンやボルタレン等子供には与えてはいけない解熱鎮痛剤があります。これは急性脳症などを引き起こし、生命にかかわる可能性があるためです。

3:水分補給

水分不足や脱水は最も避けねばならない状態です。熱がある、また病気になったときには水やスポーツドリンクなどを十分にとることが必要です。胃がむかむかしている場合は、ストローで飲むことを試してみましょう。どうしても飲めないときなどは、氷を口に含むことも有効です。喉のつまりも改善します。

4:市販の物で出来る対処法

鼻炎薬、抗ヒスタミン薬は、風邪やインフルエンザの一番嫌な症状を緩和してくれ、抗ヒスタミン薬は、深い眠りにも役立ちます。咳止めの飴などを舐めると喉のイガイガが落ち着きますが、小さな子供は、喉に詰まらせることもあるので小学生以上を目安にしましょう。

5:家から出ずゆっくりする

インフルエンザや重い風邪、またはノロウイルスなどにかかった時には自分のためにも、人のためにも家で大人しく体を休めることが重要です。病人を別室に移すことが感染拡大を防ぐことへ繋がります。ふとんに入っていなくても、リビングを暖かくしてゆっくりしているだけでもOKです。

また、部屋の湿度を保つことで、患者が呼吸をしやすくなるので加湿器の使用もお勧め。塩水でのうがいも、喉のイガイガ改善に役立ちます。

引用元-インフルエンザにかかった時に「するべき5つのこと」「してはいけない3つのこと」|セルフドクターニュース|カラダにうれしいネタのサプリ

インフルエンザ検査で陰性だった場合再検査する?

インフルエンザ検査に陰性の時は再検査をする必要性があるのかについて次にまとめていきます。

インフルエンザ検査には陽性と陰性の他に偽陰性があると先ほど述べてきましたが、実は検査で陰性という結果の方の内20~30%程度は偽陰性であると言われています。

これは先程も書いたように検査の性質上、どうしても避けられないものです。

しかし、検査で陰性であっても医師の診察である程度インフルエンザが疑わしいかそうでないかは判断できると言われています。

例えば、インフルエンザの場合は喉が腫れるのですがその際に喉にイクラ状の膨らみが見られると言われています。

また、インフルエンザの流行期で高熱や関節痛、倦怠感などの全身の症状があり他に疑わしい原因が見当たらなければインフルエンザの可能性が高いとも言われています。

このような場合は医師も再検査を勧めることもありますし、場合によってはその場でインフルエンザの薬が処方される可能性もあります。

また、陰性で判断が難しい場合でも実際にはインフルエンザに感染している可能性があります。

偽陰性でインフルエンザではないと自分は感じていても翌日検査を受けてみたら陰性だったというケースもあります。

この場合は無理をして出勤したりして職場にウイルスなどをばらまいてしまうケースがあります。

医師は検査を行う前の診察の段階でインフルエンザのシーズンであればある程度インフルエンザかどうかを見分けることはできると言われています。

再検査が必要かどうかはしっかりと医師の意見を聞き、陰性だからと安易に外出してウイルスを周りに撒き散らさないように注意しましょう。

引用元-インフルエンザ陰性の2割はなんと〇〇だった!検査結果に隠された驚きの事実って?|welq [ウェルク]

twitterの反応


https://twitter.com/m2wulyb7ptjd/status/756708238184284161
https://twitter.com/ubc26/status/749049852445593600

 - 健康

ページ
上部へ