これぞ晴天のヘキレキ

エクセルの数字と日付の関係がややこしい

      2017/02/07

エクセルの数字と日付の関係がややこしい

エクセルで入力したデータが勝手に変換されてしまう!!!

日付を入れたい時には変な数字が出てくる!!!

数字を入れたい時には日付が出てくる!!!

こんなイラッとする経験をきっと誰もがしていると思います・・・

もっと簡単にならないものでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


エクセルで数字を日付表示させる方法

エクセルでは、日付をシリアル値(1900年1月1日を「1」として数えた数値)であらわします。そのため、日付を入力したセルの表示形式が日付以外の設定になっていると、日付がシリアル値で表示されることがあります。

また、日付の表示形式が設定されたセルに日付以外の数値を入力すると、日付の形式で表示されることがあります。

例えば「2006/1/1」と入力したセルの表示形式を「数値」や「文字列」に変更すると、「38718」というシリアル値で表示されます。

また、「38718」と入力したセルの表示形式を「日付」に変更すると、「2006/1/1」や「平成18年1月1日」と表示されます。

引用元-日付や数字を入力すると違う数字が入力される

日付の入力方法

『2/15』のようにスラッシュ『/』で区切って入力すると「2月15日」と日付形式で表示されます。

『2-15』とハイフン『-』で区切って入力すると「2月15日」と日付形式で表示されます。
値は「2003/2/15」となります。(数式バーで確認できます。)
パソコン内蔵の時刻を基準として、年月日が入力されます。

前年や翌年の日付を入れたい時は、年から入力します(例:『2002/2/15』や『h14/2/15』など)。

元号を付ける場合は『h14.2.15』と『.』(ドット)で区切っても入力できます。

引用元-Excel(エクセル)基本講座:日付の表示形式

エクセルで8ケタの数字を日付に変換する方法1

業務システムによっては、日付データを「yyyymmdd」といった形式の8桁の数字として保存していることは少なくありません。

例えば「2006年3月25日」ならば、「20060325」という文字列でデータ格納しておくという方法です。

こういった形式で保存されているデータをExcelで利用する際に、これらのテキストデータを本来の日付データにしたいという要望をいただくことがあります。

いくつかの変換方法がありますが、

「日付データに変換するには何という関数を使えばいいのでしょうか?」

という形でご質問いただくことが多いので関数を使った方法をご紹介します。

▼操作手順:文字列データを日付データにする
※A1セルにyyyymmdd形式の8桁の文字列としての数字が入力されているときに、B1セルに日付データを作成する例

B1セルに
「=TEXT(A1,”0000!/00!/00″)*1」という計算式を入力
 ↓
メニュー[書式]?[セル]をクリック
 ↓
[セルの書式設定]?[表示形式]タブをクリック
 ↓
[分類]欄で「日付」をクリックし、[種類]欄で適切な書式を選択
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ?[OK]ボタンをクリック

B1セルの「=TEXT(A1,”0000!/00!/00″)*1」という数式の意味ですが、ポイントは「*1」という掛け算を行っている点でしょう。

引用元-yyyymmdd形式の8桁の数字を日付データに?TEXT関数:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方-日付・時間

エクセルで数字が勝手に日付に変換されて困るときは?

■「’」(シングルクォーテーション)を入力する方法

やり方はとってもカンタン。
半角英数状態で[Shift]キーを押しながら数字の[7]キーを押すと、「’」と出ます。これが「シングルクォーテーション」という記号です。

このあとに「1/2」と入力します。

すると、日付ではなくきちんと「1/2」と表示されます!

この方法は「1-2」といった入力の際にも役立ちます。

Excelは入力されたデータから、自動で書式を設定する機能が備わっています。シングルクオーテーションを文頭に入れると、入力したデータは文字列扱いとなるため書式が変わらずに表示されるわけです。

引用元-Excelで入力したデータが、勝手に日付に変換されるのを止める方法|エンジョイ!マガジン

エクセルでは関数を使って日付を表示できます

Excelでは、日付はシリアル値という数値で管理されています。

日付を扱う関数を利用するときには、このシリアル値を理解して、適切な日付の表示形式に変換する必要があります。

日付と時間の関数をマスターすれば、複雑な日付と時間の計算も楽々こなせるようになります。

Excelでは、現在の日時を求める関数として、TODAY関数、NOW関数が用意されています。

数値や文字列から日時を作成する関数として、DATE関数, DATEVALUE関数、 TIME関数、 TIMEVALUE関数が用意されています。

日時から特定の要素を取り出すための関数には、YEAR関数、 MONTH関数、 DAY関数、DAYS関数、 HOUR関数、 MINUTE関数、 SECOND関数、 WEEKDAY関数、 WEEKNUM関数、ISOWEEKNUM関数があります。

日付を計算する関数には、DATEDIF関数、 EDATE関数、 EOMONTH関数、 WORKDAY関数、 WORKDAY.INTL関数、 NETWORKDAYS関数、 NETWORKDAYS.INTL関数、 DAYS関数、 YEARFRAC関数があります。

引用元-Excel日付と時間の関数一覧

番外編:エクセルで書式を使って日付に曜日を入れるには?

「セルの書式設定」から、「表示形式」タブを表示させます。

「分類」から「ユーザー定義」を選択します。

表示されている文字列の最後に「yyyy”年”mm”月”dd”日”(aaa)」と入力します

これで、作業は終了です。他にも、ユーザー定義ではさまざまな形式で日付を表示することができます。

日付の情報と、形式

日付を表す時は、大きく分けると 3 種類の要素から成り立ちます。
「年」「月」「日」など、実際にその日付を特定するための「情報」と、「2010」「10」などの「形式」、そしてそれらを補うために入力する文字列の 3 つです。

まず、「情報」にはどういった種類があるかというと、

元号
元号の数字
西暦の数字


曜日

などです。本当は「分」や「秒」などさらに細かく分かれますが、今回はこの 6 種類とします。これらを書式上で表示する場合、それぞれの項目をアルファベットで扱うこととなり、アルファベットの種類は、

g(元号)
e(元号の数字)
y(西暦の数字)
m(月)
d(日)
a(曜日)

となります。このアルファベットがそれぞれの項目を表すことになります。

次に形式ですが、形式を決定するのは、アルファベットを繰り返す数です。
たとえば、2010年の場合、「yy」と入力すると「10」「yyyy」と入力すると「2010」と表示されます。

また、年と月の間に「年」と入れるか、「/」と入れるか、などは任意の文字列を入力しますが、ユーザー定義の中で文字列を表したい場合は「”(ダブルクォーテーション)」で囲む必要があります。
たとえば、「2010年」と結果に表示させたい場合は「yyyy”年”」と入力します。

これらをまとめると、日付をユーザー定義で表示するには、

日付の情報を表す記号(アルファベット)
日付の形式を決める、記号の数
日付以外の文字列
これら 3 つの要素の組み合わせで表現します。

引用元-書式を使い、日付に自動で曜日を入れる方法|エクセル プチ★テク|オフィネット最新情報ブログ

twitterの反応


https://twitter.com/daybreaktech/status/667531234327724032

 - ライフハック

ページ
上部へ