これぞ晴天のヘキレキ

コロッケは和食?洋食?日本の家庭料理になったのは

      2017/02/14

コロッケは和食?洋食?日本の家庭料理になったのは

ふだん何気なく食べているカレーライスやナポリタン、コロッケなどの”洋食”は、もともと外国で誕生して、日本で独自に発展した料理です。

お肉屋さんのコロッケはあげたてにソースをかけていただくと美味しいですよね。

そんなコロッケは”和食”に近い気もしますが、どっちなんでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


和食コロッケの誕生!西洋料理を日本流に洋食に改良

日本人は、自国の食文化にあったものとして、西洋料理を日本流に「洋食」として改良し、新たな食として取り込んだのでした。

米が好きな日本人は、白米に合うおいしいメニューを次々に生み出しました。

とんかつ、カレー、シチュー、ハヤシライス、牛めし(今でいう牛丼)などなど。。。

その中の庶民の味として、惣菜の王様、コロッケが誕生したのでした。

引用元-コロッケの起源 日本のコロッケの歴史 | 合同食品株式会社

コロッケの中身がクリームだと洋食 じゃがいもだと和食?

明治維新になり、様々な西洋料理の情報が入ってくるようになりました。

フランス料理の主に前菜として登場するクロケットが、そのルーツといわれています。 (ただヨーロッパ各地には、コロッケといえるものがたくさんあり、スペインのクロケタスやポルトガルの干しだらのコロッケ、日本並みに庶民の味としてコロッケが普及しているオランダ、ライスコロッケが有名なイタリアなど、そのどれもが起源にはなっているのでしょう)

一説として、フランス料理のクロケット(ホワイトソースがベース、いわゆるクリームコロッケ)を、日本人の好み合うじゃがいものコロッケに作り変えたのがそのルーツ、とも言われています。

大阪の肉屋さんで、初めてじゃがいものコロッケが売り出されたのが最初であるとか、銀座の資生堂パーラーで料理として提供されたのが初めてとか、諸説あるようです。

引用元-コロッケの起源 日本のコロッケの歴史 | 合同食品株式会社

ハイカラな西洋料理がコロッケの唄で洋食や和食として普及

大正9年に東京丸の内の帝国劇場で、女優劇10周年の記念興行として益田太郎冠者作の笑劇『ドッチャダンネ』が上演されましたが、その中で《今日もコロッケ、明日もコロッケ、これじゃ年がら年中、コロッケ・・・》の唄が歌われ、コロッケがハイカラな家庭料理として定着し、流行しました。

昭和初期の東京では、コロッケは肉屋でつくって売るものが惣菜として一般的でした。

肉屋で、ペチャカツでも、カツを買えるのは少なく、普通はコロッケを買ってくる主婦や使いの子供が多かったのです。肉屋のおばさんが引出しに入れたパン粉で握ってくれたものや奥さん特製のものを、うまいうまいと食べた経験がおありのことでしょう。

引用元-ジャガイモ博物館,コロッケ、惣菜

コロッケは若年・中堅層より高齢者の方が調達額は上

惣菜の棚からの購入・レジ横ケースを見ながらの注文などルートは一つではないものの、「コロッケ」は若年・中堅層より高齢者の方が調達額は上。

「カツレツ」も若年層と比べれば大いに購入している。

「高齢者は油系の食材を苦手としている」とのイメージは、あくまでも想像上のものでしかない。

さらに「カツレツ」より「コロッケ」の方が人気なのは、そのメジャー度合、お手軽さ、そして柔らかさがポイントだと考えられる。

中食の浸透と共に注目を集めている「そうざい材料セット」「他の調理食品のその他」も、シニアの購入額は大きめ。

調理そのものの手間をかけたくない高齢者の需要に、惣菜の材料や各種調理済み惣菜は適している。

ただし「冷凍調理食品」を使うのには抵抗があるようで、高齢者の利用性向は他世代とさほど変わらない。

引用元-一人身のシニアは若者よりもコロッケが好き…世代別・単身世帯の揚物や惣菜などの支出比率をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(2015年)(最新) – ガベージニュース

大正の三大洋食の一つ コロッケ

カレーライス・コロッケ・とんかつ。「大正の三大洋食」ともいう。

また三大には数えられないが、オムレツも当時人気爆発のメニューであった。

これらは以前から日本人に食されていたものであるが高級な特別料理であった。

それが大正期になって、一般家庭でも日常的に食べられるものとして定着したのである。

引用元-大正三大料理 – Uyopedia

コロッケも?和食のユネスコ無形文化遺産登録!

「今回の申請は、特定の時代を指定したものではありません。概念的には、江戸や明治は含まれます。ただ、江戸時代の食生活が栄養学的にバランスがよかったかというと、必ずしもそうとは言えない。栄養学を意識することができるくらい安定したころをイメージしてもらえればいいと思います」(担当者)

第二次世界大戦後、日本が再び豊かになってきた高度経済成長期。この辺りで定着・確立した食文化のイメージを「和食」ととらえておけばよいだろう。

引用元-「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録。その時、和食の定義とは – エキレビ!(2/2)

チョウシ屋ジャガイモコロッケ発明説は嘘

ジャガイモコロッケ誕生秘話を、2代目の力造さん(68歳)はこう話す。

「当時、牛乳で作るベシャメルのクリームコロッケは、高嶺の花でした。父は一般の人が、家で食べるコロッケを作ろうと考えました。試作品は、ジャガイモが普及した大正6(1917)年にできたようです」(15ページ)

この証言の変化が興味深いのは、「試作品」という言葉を使って発明の時期を無理に4年早めていることにある。

この重要な変化は、見過ごされており、サライの取材者が全く(嘘の内容であっても)検証を行っていないことが分る。同時に動機も変化している。 この証言が本当(嘘であることは後述する)なら、阿部清六氏は、15歳にしてこれほど世の中に広がったモノの試作品を作ったことになり、天才少年としてのストーリー性も帯びてくるがサライは見事にスルーしている(検証無しだから当たり前といえば当たり前)。

引用元-Webm旅 2007年11月号 コロッケを発明したのは誰? チョウシ屋の法則

コロッケそばって知ってますか?

■コロッケそばとは。

コロッケそばとは、かけそばにコロッケを乗せたものです。
…と、その特徴を挙げるとたった27文字で説明が終わってしまうわけですが、「関東の、それも立ち食いそば屋でのみ見られる食べ物」という点でロマンに溢れ、語るに値するB級グルメであると言えましょう。

さて、「かけそばにコロッケを乗せたもの」という短い説明だけで済ませてしまいましたが、より詳しく見てみると…

・温かいかけそばに、冷たいコロッケが乗る。

・具材はネギ、また店により少量のわかめが乗る

・コーン・グリーンピース・人参のかけらが入った野菜コロッケが基本。
 肉はかけらも見当たらない。

衣は厚く固く揚げたてサクサクとは程遠いしっとり加減。

イモ部分もそのまま食すと「ホクホク」とはいいかねる高い密度で、じっくり汁に浸さないとほぐれない、しかし一度ほぐれ始めると止まらない、まさに「コロッケそばのためのコロッケ」となっている。

(例外的にコロッケそば普及の元祖的存在、小田急電鉄の「箱根そば」は薄いカレー味の付いたカレーコロッケを供している)

といった特徴があります。

■コロッケそばの起源と展開

コロッケそばは昭和50年代に小田急電鉄で展開している立ち食いそば屋「箱根そば」で始まったと言われています。

銀座のそば屋「よし田」がコロッケそばの起源である、と語られることも多いのですが、よし田の「コロッケ」は山芋で練り上げた鳥のつくねを揚げたもので、和風でありいかにもそばに似合う上品な食べ物であるため、「コロッケそば」と呼ぶにはあまりにも異端でありまともであり、歴史の文脈に含めるにふさわしいものではありません。

以後立ち食いそば屋で急速に広まるものの、関東から外には出ることなく、今も関東ローカルの食べ物として知られます。

ほとんどのまともなそば屋では扱わないメニューですが、立ち食いそば屋の他にも一部の低価格な定食屋や学食などで見ることができます。

引用元-コロッケそばを語る | @raf00

twitterの反応


https://twitter.com/saruemonkey/status/675231228560285696
https://twitter.com/Hope12Ma/status/667861884096253952
https://twitter.com/252c_oco/status/665824324301885440

 - ライフハック, 料理

ページ
上部へ