これぞ晴天のヘキレキ

スノーボードで目立ちたい!キッカーのコツ

      2017/02/07

スノーボードで目立ちたい!キッカーのコツ

スノーボードをやるならば、やっぱりカッコよくキッカーを飛んでみたいですね。

派手で華やかなかわりに、怪我も大きくなりがちです。

体力には自信があり、運動神経抜群であっても、基本的なことを知らずに挑戦するのは大変危険です。

今回は、キッカーを安全に飛ぶコツをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


Q.スノーボードのキッカーのコツは何ですか?

素朴な質問です。

なぜキッカーとか飛んでいる人はそんなに上手いんですか?

一言で言うと運動神経が良いのだと思いますが、スノボは「簡単」ですか?

スキー場を見ていると、座り込んでいる事が多い初心者が2割位、キッカーで回っている上級者が1割位、後はその中間が多数という感じがします。

上級者と言っても年齢的に経験年数はそんなに長くないと思います。

私もキッカーとか練習したいのですが、誰もこけてないし、周りでは注目しているし、なかなか練習しづらい雰囲気です。

上手い人も最初は小さいキッカーから何度もこけながらびくびく始めたんですか?

結構、気合でいきなり飛べましたか?
怪我とか痛い思いを経て上手くなったんでしょうか?

結構努力したとか、簡単だったよ、とか上手くなるまでの経緯を聞きたいです。

引用元-素朴な質問です。なぜキッカーとか飛んでいる人はそんなに上… – Yahoo!知恵袋

A.私が思う、スノーボードのキッカーのコツ

キッカーのコツ 基本動作を忠実に守る

アプローチ開始時点

アプローチを開始する地点ですが、キッカーを飛ぶ際に気を付けないといけません。

飛ばなさ過ぎるとデコ落ち、飛びすぎるとランディングできないということになります。

大きな怪我の元になるので、シビアになっていきましょう。

しかし、アプローチ地点は板の滑り具合、体重、風などなどいろいろの状況で、それぞれ異なります。

目安としてはみんなが、どのあたりからアプローチを開始しているかを見るのが良いでしょう。

誰も飛んでいない場合は、アプローチを滑ってどれくらいのスピードでアプローチすればいいか飛ばずにチェックしましょう。

これは、みんなが飛んでいてもやった方がより安全に飛べます。

アプローチ

キッカーのアプローチは一番気を使う部分です。

このアプローチでキッカーの全てが決まると言っても過言ではありません。

アプローチでは重心をやや低くして、ターン弧も薄く取りましょう。

他の人から後ろで見てもらいましょう。撮影するのがいいかも。

薄くターンしたつもりでも、だいぶターンしていると思います。

キッカー全てに共通しますが、アプローチスタートからリップまで3ターンで飛び出します。

ストレートジャンプ、バックサイドスピンはトゥー、ヒール、トゥー

フロントサイドスピンは、ヒール、トゥー、ヒール

このようにアプローチは取りましょう。

スノボーのキッカー抜けのコツ

ストレートジャンプの飛び出す瞬間のコツは、板をほぼフラットにさせて、かなり薄くトゥーエッジを入れておきます。

こうすることで飛びが安定してきます。

スピンの抜けは540スピンレベルであれば、ほぼ真っ直ぐリップがから板が飛び出すことが理想です。

よく抜けの際に板が45度回った状態で飛び出している場合があります。

ヘタするとリップで逆エッジ食らうことも無いとは言えません。

コツとしては、抜けのタイミングは板を真っ直ぐ、抜け直後に体を回す、回したい方向を見続ける。

?

無理やりアプローチで回しにかからなくても、空中動作のみで540レベルであれば回ります。

720以上になれば、先行動作もかなり必要になってきます。

引用元-スノーボード キッカーのコツをまとまてみた!! | スノボーキッカー.COM

キッカーのコツは、スノーボードのスキル自覚と十分な確認

キッカーを飛ぶ前に

スノーボードのケガの多くは、パーク内で起こります。

コース滑走中に普通に転ぶのと、キッカーでジャンプを失敗して転ぶのとでは、どちらのほうが大きなケガに繋がりやすいかは、簡単に想像できるでしょう。

そこで、ケガせず安全にジャンプを楽しむためにも、まずはキッカーに入る前に自分のスキルと飛ぶ台をチェックしておきましょう。

ここに挙げるチェックポイントを最低限すべてクリアしていることが、キッカーエントリーの大前提です!

セルフチェック編

□スピードコントロールは完璧か?

□フルスピードでゲレンデを直滑れるか?

□滑りながら狙ったポイントでオーリーできるか?

□ビビっていないか?

アプローチの滑りが不安定では、100%ジャンプは成功しません。

狙った場所(=リップ)に狙ったスピードでエントリーできなければ、ジャンプの方向がそれてしまったり、マクられてしまったりしてとても危険。

まずは、フリーライディングで完璧なスピードコントロールを身につけることが第一歩です。

そして、両足でボードを踏み込みながら直滑る練習も欠かせません。

アプローチでのスピードコントロールは、リップの直前ではなく、トランジションに入る前の段階で行います。

チェックを入れる(ターンなどで減速させる)以外は、アプローチでは基本的に直滑ることになるので、ゲレンデで直滑ることに慣れておく必要があります。

適正なスピードでまっすぐリップに入っていければ、あとは台が勝手に飛ばしてくれると思ったら大間違いです。

キレイな放物線を描き、ジャンプを自分でコントロールするためにも、テイクオフではオーリーするのが基本です!

オーリーの練習は、まずはフラットで止まった状態から行いましょう。

段々慣れてきたら、滑りながら練習し、徐々に地形などを利用して狙ったタイミングで飛べるようにしていきます。

キッカーではオーリーをかけるのが早すぎても遅すぎてもNGなので、リップにさしかかるタイミングで確実に踏み切れるように練習を重ねておくことが大切です。

ちなみに、キッカーでは全力でオーリーするとバランスを崩しやすいので、あくまでも踏み切りは軽いオーリーでOKです。

引用元-スノーボードでキッカーにチャレンジする前に知っておきたい知識とチェックすべき8つのこと | NEWCOLUMN

キッカーの選び方

■心得1 キッカーの良し悪しを見極める

ワンメイクジャンプをするためのキッカー(ジャンプ台)にも、安全で飛びやすいキッカーと、練習には向かない飛びづらいキッカーがあります。

ジャンプをする前には、必ずそのキッカーが安全かどうかをチェックすること。

整備の行き届いた飛び易いキッカーで練習することが、怪我のリスクを少なくし、上達も早いことを覚えておきましょう。

”チェックするポイントは、「リップ」と「ランディング」の2つです。

☆リップはキレイに整備されているか?
キッカーの飛び出し口を「リップ」と呼びますが、そのリップが溝などでガタガタしていると上手く飛び出すことができません。
リップの形も大切です。
はじめは真っ直ぐに滑り抜けられるような、スムーズな(なだらかな)リップが理想です。
リップが急激に上を向いている、三角山▲のようにみえるリップは要注意です!

☆ランディングバーンを確認しましょう!
ジャンプで着地することを「ランディングする」と言いますが、ビギナー用の小さなキッカーでは、ランディングバーンが凹んでしまっていることがよくあります。
何人も飛んだり、転んだりしている内に、雪が削れて凹んでしまうんですね。
この状態のままだと、着地時の衝撃も大きく、転んだ時も危険です。
ランディングバーンに穴があいていないか?また着地時の衝撃を逃がすための、「傾斜」があるかどうかを確認しましょう!

引用元-スノーボード【スノボ】のシーズンがやってきた!ワンメイクを練習しよう! – NAVER まとめ

スノーボードで怪我をしないための心得

過信や無知は思わぬ怪我になる!

人工的に飛びやすく整備されたパークキッカーも、遊び方を一歩間違えると恐ろしいクラッシュを招いてしまいます。

その原因のほとんどは「過信」や「無知」によるもので、滑りの技術が足りないからではありません。

キッカーの性質を飛ぶ前からきちんと理解し、段階を追うことで、怪我のない、楽しいパークジャンプを実践出来るようになりましょう。

引用元-初めて飛ぶキッカーでの注意点 | レッツゴースノーボード

スノーボードでジャンプのイメージは重要

他人に惑わされない

綺麗にジャンプするためには、飛ぶ前に正確なイメージを作ること(自分が飛ぶ放物線のイメージと、綺麗に飛んで綺麗に着地するイメージ)が重要なポイントになります。

ジャンプ上級者は色々な経験をしてきているので、(自分が飛べるサイズのジャンプ台なら)どんな感じに飛ぶかイメージすることができます。

一方、ジャンプ初級者は自分で正確なイメージを作れないので、他人が飛んでいるのをイメージの参考にすることになります。

しかし、小さなジャンプ台ではジャンプ初級者が練習していることが多いので、的確なやり方でジャンプ台を飛んでいる人はほとんどいません。

そのため「同じジャンプ台を飛んでいる人を参考にし過ぎると間違ったイメージを作ってしまう」ことがありますので、以下の2点に気をつけて練習してください。

引用元-スノーボードでジャンプ:ジャンプ台を飛ぶ前に | スノボーのスー

twitterの反応


https://twitter.com/kirisanxx/status/761497774072274944

 - ライフハック

ページ
上部へ