これぞ晴天のヘキレキ

センター地理で9割とりたい!!!

      2017/02/07

センター地理で9割とりたい!!!

センター地理は成績が伸びにくいをされていますが、勉強次第で9割とることだって可能なのです。

センター地理で9割をとりたい!という人におすすめの勉強法などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


センター地理で9割とるにはまず自分の実力を知ろう

残りわずかな期間の中で9割以上を得点するために、まず必要となるのが、自分の今の学力を把握することです。

現状を正しく把握するということは、今後対策を立てる上で極めて重要になります。

なぜなら、目標とする点数と現時点の点数にどの程度差があるかによって、残り限られた時間での勉強法・対策法が大きく変わってくるからです。

主に以下の方法を使って現時点での学力を把握しましょう。

模試を解く

模試は本番さながらの試験で今の自分の実力をしっかりと試せるのはもちろん、その結果から他の受験生とくらべてどの程度の位置にいるのかが分かるので、学力把握には最適な方法です。

しかしながら、直前期となるとセンター模試の日程も数に限りがありますし、センター模試の日は丸一日時間を使ってしまうので、時間の限られた受験生にとって気軽に受けられるものでもありません。

模試をこれから受けるのは難しい、避けたいという人は、予備校大手各社から過去の模試をまとめたセンター総合問題集が出版されていますので、それを解いてみるのも良いでしょう。

模試と同様、偏差値なども簡易的に調べられるようになっています。

引用元-センター試験を短期間で9割超えにするための勉強法まとめ | 合格サプリ

センター地理で9割をとるにはきちんと理解すること

センター黄本を3周以上回す

まずは、センター地理を理解するためにも、センター黄本「センター地理Bの点数が面白いほど取れる本」を3周以上復習をしていきましょう。

このセンター黄本に書かれている内容は、数学で言う「公式」の様なものです。

数学でも理解は重要だが公式を覚えていないと何も出来ないように、地理でもある程度の知識を抑えておかないと、 理解すらできないです。

また、本書を使えば教科書は必要ないです。なぜならば、本書は教科書の内容を分かりやすくまとめて、必要な知識を受験生の頭に入りやすいようにしたものだからです。

センター過去問を問いて理解を深めていく

センター黄本を3周回した後は、早速センター過去問を解いていきましょう。

本試10年分を中心に解いていき、余裕があれば最近5年分の追試も解いていきましょう。

問題を解き終わった後は、答え合わせをみっちりと行う。

その時に、ただ過去問の解説を読むだけでなく、その問題に当てはまる内容をセンター黄本で確認するようにしましょう。

なお、その時に必ず周辺知識の確認をしっかりとすることです。

例えば、アメリカの気候の問題を解いたのであれば、アメリカで地域別に取れる作物や、アメリカと似た気候の地域や国を調べるようにします。

少々面倒かもしれませんが、妥協せずにしっかりと調べ上げる事で、確実に地理の理解度と知識は深まっていく。

資料集をヒマな時に読んでおく

おそらく、学校で資料集と呼ばれる物を配られていると思う。

もし、授業中とか通学中に空いている時間があれば、資料集で興味のあるページを読んでおくようにしましょう。

参考書や教科書で勉強するのは、どうしても限界が見えてくる。そこで資料集を使うことで、参考書では足りない知識をカバーして、地理の基礎知識を完璧に身に付けるのです。

しかし、資料集を全て読もうとするのは分量が多く、モチベーションを保てないので、自分の興味のある分野だけを読んでいくと良いです。

例えば、アメリカの自然環境に興味があるのであれば、 アメリカの自然環境についてのページを読んでいく要領です。

引用元-センター地理で9割・満点を取るためにやるべき勉強法4選

センター地理で9割とれないのは知識・演習不足

さて、皆さんはセンター地理Bについてどのような印象をお持ちでしょうか?

地理Bは世界史Bや日本史Bといった歴史系科目よりも暗記量が少ないので「センスが問われる」などと言われたことは無いでしょうか?

結論から言えば、それ、ウソです。

半ば定説になってるからタチが悪い!

確かに論述のレベルになると一定の地理的センスが問われることは事実です。

しかしながら、センター試験は大学受験生の約半数が受ける試験です。
センスのあるなしで点数が変わってくるような試験では困ります。

地理Bでいつまでも6割のラインに届かない、8割が取れないことをセンスのせいにする人がいますが、残念ながらそれは知識不足、もしくは演習不足です。

当たり前のことですが、どんなセンター試験の教科・科目だって問題傾向に慣れていなければ点数は取れるはずがありませんし、地理Bは暗記量が少ないとはいえ、最低限の暗記を完了しなければお話になりません。

しかしながら、最低限の暗記を完了し、問題演習を重ねれば、誰でも簡単に8割台、もしくはそれ以上を狙えるのが地理Bの特徴でもあります。

引用元-誰でも取れる!センター地理Bで高得点を狙う方法|全国2位が教える地理B必勝マニュアル – るたろぐ

センター地理Bの出題傾向を知ろう!

センター地理Bは、6つの大問から構成されています。

問題の中身はもちろん違いますが、おおむねの大問の概要は以下のとおりになっています。
?
・第1問: 自然環境

・第2問: 世界の産業(資源・農業)

・第3問: 生活文化

・第4問: 地域社会

・第5問: 現代世界

・第6問: 地域調査
?
各大問の配点についても、均等に分配されています。

そして、大問中の1問あたりの配点についても大半が2点か3点です。

ある大問を重点的に対策するのではなく、すべての問題をまんべんなく対策する必要があります。

引用元-難易度の高いセンター試験地理Bを完全攻略!1ヶ月で9割取る対策と勉強法!

地理はセンターのみ!時間がない!そんな人への勉強法

地理はセンターでしか使わないという人や時間のない人は、過去問よりもむしろ知識のインプットを重視しましょう。

何度も繰り返していますが応用を解くには基礎が必要ですので、多少応用力が足りなくても覚えるべきことをしっかり覚えていられれば十分な点数は取れます。

自分のレベルに応じた参考書をしっかり読んでください。

時間配分は試験当日までずっとインプット7、過去問3を維持していけば良いです。

また、時間のない人は、地誌は後回しにしましょう。

地誌は他の分野の応用で解ける問題も多く、時事問題のようなニュースなどを見ていると解ける問題などもあり、(もちろん対策した方がいいですが)他よりも対策しなくても失点が少なくて済むところです。

また、地誌に関してはオセアニアや前の年と同じ地域はあまり出ないので、ヤマを張ってそれらの地域はあまり時間をかけずに、頻出分野や3年前ぐらいに出た地域に時間をかけるのも1つの手です。

逆に、大問6の地図の読み取りは時間がなくても必ずやるようにしましょう。

地図記号などの地図の読み方は他の分野の応用で補うことができないので、「知らなければ終わり」です。

地図の見方は中学校でもやっているので、一度過去問をやってみて解けたならやらなくてもいいですが、もしできなかった場合は必ずやりましょう。

また、大問6はその地域についてどれだけ知っているかを聞くものではなく、地図の読み取りを聞いているので、地誌と違って、出る地域が分かれば格段に有利というわけでもないです。

出そうな地域の特徴を調べるよりかは地図記号など、地図の読み方を勉強した方が良いでしょう。

引用元-東大生伝授!センター地理で確実に得点するための勉強法

twitterの反応


https://twitter.com/ryk_l/status/775681769429270528


https://twitter.com/banban75819/status/775588668195037184

 - 勉強

ページ
上部へ