これぞ晴天のヘキレキ

タバコを禁止している国ってあるの?

      2017/04/05

タバコを禁止している国ってあるの?

日本でもタバコをやめる人が多くなってきましたが、

世界にタバコを禁止している国はあるのでしょうか?

タバコが体に悪い事は分かっていてもなかなかやめられないものですよね。

日本でタバコが禁止されないのはなぜなのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


タバコを禁止している国はあるのか気になる!

タバコが法律で禁止されている国はありますか?

引用元-タバコが法律で禁止されている国はありますか? – ブータン王… – Yahoo!知恵袋

たばこが禁止されてる国ってあるのですか?

引用元-たばこが禁止されてる国ってあるのですか? – ブータン王国が1番厳し… – Yahoo!知恵袋

タバコの販売を禁止している国

ブータンとはヒマラヤの麓の佛教国で、インドと中国に挟まれた小国である。

ブータンとは竜の国という意味があるそうで、この竜の国を統治するワンチュク国王の鶴の一声でなく竜の一声で、ブータンは’04年12月17日よりたばこの販売が禁止されたというニュースが流れた。

われわれ禁煙運動家にとっては大いに興味を惹くニュースであった。

公共の場所での喫煙禁止に踏み切った国々は次々と実現しているが、国単位でのたばこ販売が禁止されたのは世界で初めてである。

AFP通信によると、ブータン通産省は全ての商店やホテルなどにたばこの在庫の処分を命じており、17日以降タバコを販売した店には最低225ドル(1万ヌルタム-2万4千円)の罰金が課せられることになった。

個人が外国からタバコを持ち込むことは禁止されていないが、100%の関税が課せられる。

この法律を契機に同国は全面禁煙国を目指すようだ。

ブータンは1616年に建国されているが、当時から佛教僧主導の禁煙運動が続いてきており、喫煙を宗教的、文化的に悪とみなす考え方が伝承され、同国のテインレイ保健相によると、「われわれは世界初の完全禁煙国になることを宣言しており、タバコの健康被害をなくす為に世界の人々がわが国に続くことを望んでいる」と語っている。

この法律は11月に発令布告されており、タバコ販売に関わっていた関係業者は12月17日までに在庫を全て処分したとのこと。

違反を繰り返す場合は営業許可を剥奪されることになった。小国とはいえ、世界を驚かすような偉大なるアピールを発したものだ。

引用元-禁煙コーナー(全面禁煙国ブータン):広島県民のみなさまへ – 禁煙コラム

建物内タバコ禁止の国は多い

健康増進法が施行された今なお、多くのお店で法律が守られていません。

飲食店でも8割~9割のお店ではタバコを吸うことができ、タバコの煙が苦手な人は数少ない禁煙飲食店を探し回っているのが現状です。

まだまだ世間的に知られていないことですが、海外先進国を中心に以下のような国では職場や飲食店での喫煙が厳しく制限されており、罰則規定が当前のように設けられています。

-日本よりも禁煙化が進む国・地域-
イタリア、イギリス、フランス、ノルウェー、アイルランド、スェーデン、ウルグアイ、ハワイ、香港、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、台湾(中華民国)、アメリカ、 シンガポール、タイ、フィリピン等

特にイタリア、ノルウェー、アイルランド、ウルグアイは飲食店での喫煙を厳しく制限されており、イタリアでは法律に抵触すると警察が出動して逮捕されることもあるそうです。
そして、これらの国々以外でも、続々と世界中で禁煙化が進められています。

引用元-【第3回】海外では飲食店内での喫煙を法律で禁止している国があるってホント? [ 禁煙スタイル ]

タバコが一番高い国ってどこ?

■一番たばこが高い国は…

西欧、北欧は世界的に見てもたばこの値段が高い傾向にあるようです。

おしゃれの国フランスはどうでしょう。

映画なんかでスパスパ吸っているイメージがありますが、パリなんかでは歩きたばこをする人も多いとか。

しかしたばこの値段は日本より200円くらい高く、公共の場では全面的に禁煙です。

今年6月のニュースでは電子タバコも規制する方針が明らかにされました。

特にたばこの値段が高いのはノルウェー。日本円にすると1300円くらいと、禁煙推進を進める政府のヤル気がビンビンを感じます。

ただ、オーストラリアの一番高いたばこは1600円以上。やっぱりオーストラリア厳しいですね!

このように、禁煙志向は世界的な動きといってよいでしょう。

健康に被害のない、それでいてストレス発散できるようなたばこが発明されないかぎり、この傾向はこれからも続きそうですね。

引用元-喫煙者に世界一厳しい国は? 豪「全銘柄のパッケージデザインを統一」!? – Peachy – ライブドアニュース

日本は他の国に比べて禁煙対策が遅れている

日本の受動喫煙対策は、WHOから、世界でも「最低レベル」とされていて、このまま、東京五輪で海外から大勢の人たちを迎えることになるのか?

日本のイメージダウンにつながらないか?という懸念もある状況です。

◇なぜ「最低レベル」という悪い評価をされているのか?

日本では、屋外の歩きたばこなどは自治体が条例で禁じている所も多いのですが、周りの人の健康により直結する、屋内の法規制が進んでいないためです。

例えば、健康増進法という法律では、飲食店など多数の人が利用する施設で、「受動喫煙を防止するよう“努めなければならない”」としているだけ(=努力義務)なので、実際には対策をとらなくても罰則などはありません。

今でも、居酒屋などで分煙さえしておらず、たばこを吸う人と隣り合わせになることもありますよね。

世界では、既に49カ国で、公共の屋内を全面禁煙とする法律が作られています。

国としては色がついていない所でも、アメリカは州単位などで見れば禁煙が進んでいますし、中国も北京では既に厳しい禁煙条例が作られています。

この「公共の屋内」とは公的施設だけでは無くレストランや居酒屋など多数の人が利用する全ての場所で、喫煙室などの分煙では無く、完全な禁煙という意味です。

引用元-「屋内全面禁煙へ たばこの無い五輪は実現?」(くらし☆解説) | くらし☆解説 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス

日本でタバコがなくならない理由とは?

日本においては未だに喫煙率は高めだと言われており

法律を作る国会議員や政治家の人がタバコを吸っている限りは

法規制が難しいのは明らかです。

また、長年趣向品として親しまれてきた

というのもタバコがなくならない理由の1つと言えます。

昔からタバコは吸われていましたが明らかに有害だと

ここまで強く言われるようになったのは比較的最近です。

ここ数年で喫煙スペースの廃止や禁煙の店舗の増加など

私自身の周りにおいてもこの傾向は強くあります。

それでもタバコを嗜好品としている人がいる以上はそう簡単に

規制することはできません。

タバコを吸う人がいなくなればタバコを規制できると思いますが

それは現状では難しいのです。

また、税収という面でもタバコがなくならない理由として

挙げられます。

たばこ税による税収は近年減少傾向にあるものの

毎年、おおよそ2兆円ほどの税収があります。

国はお金が必要なのでタバコを吸うなとは

強く言うことができないのです。

矛盾していますが健康よりお金を重視しているというのが

本当のところなのです。

引用元-【なぜなくならない?】体に悪いタバコが規制されない理由とは? | 医療のお悩み解決ブログ

twitterの反応


https://twitter.com/yutoooooo109/status/798320204958703617

 - 社会 ニュース

ページ
上部へ