これぞ晴天のヘキレキ

トラックのタイヤって本数多いけど、ローテーションって?

      2017/04/21

トラックのタイヤって本数多いけど、ローテーションって?

トラックのタイヤは大きくてそして自家用車と比べると本数が多いですね。

そこで普通自動車ではタイヤの状態によりローテーションをさせたりしますが、トラックもローテーションが必要なのか、そしてどういうローテーションなのかを含めた、トラックの秘密を探りたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


トラックのタイヤもローテーションが必要?その寿命とは。

タイヤローテーションとは

【タイヤをローテーションする意味】

タイヤの寿命は走行距離にしておよそ3~4万kmとされていますが

実はタイヤは装着する位置によって摩耗の仕方や進み具合が違うので

そのまま使い続けるとタイヤの寿命が早く来てしまって損ですよね。

そこでタイヤの取り付け位置を入れ換えることでタイヤの摩耗を

なるべく均一化して長持ちさせるというのがタイヤローテーション

と呼ばれる延命処置です。

【駆動別の摩耗の度合い】

一般的にフロントタイヤはショルダー部に、FR車はリヤタイヤの

センター部に摩耗が起こりやすくなっていて、FF車ではフロントタイヤに

制動力・駆動力・コーナリングの力が集中的に働くのでリヤの2倍か

それ以上に摩耗が起こります。

そのためFF車では特にタイヤローテーションの効果が有効となります。

ローテーションは5千kmから1万kmの走行ごとに行うのが良いと言われていて

時期的には半年に1回程度が目安らしいですが、加減速が多かったり

コーナーを走ることが多い場合は早めのローテーションがおすすめです。

引用元-FF?FR?トラックのタイヤローテーション方法 – 行列のできるトラック相談所

前輪は特に摩耗が起きやすい。ローテーションのメリットとは?

タイヤローテーション

■ローテーションの必要性

前輪は、特に偏摩耗が起こりやすい

偏摩耗の影響
・車両振動
・ウェット性能の低下
・摩耗寿命の低下

ローテーションのメリット
・快適な走行
・安全性の向上
・経済性の向上

引用元-トラック&バス用タイヤの上手な使い方 – トーヨータイヤ

大型車は前輪が最も磨耗が早いのですが、その理由として前輪に付けられているタイヤ角が乗用車と比べて大きく付けられているという点が挙げられます。

例えば、新品に交換して位置交換も何もしなければ、タイヤの内側はまだ溝が新品時の半分以上もあるのに、外側はもうツルッツルで下のワイヤーまで見えるという場合もあるんです。

ですから、上手なローテーションはまさに経費節減の一手段と言えます。

引用元-タイヤを長持ちさせるためのローテーション術

軽トラックのタイヤローテーションでの注意点!!!

タイヤローテーションの注意点

【タイヤによる指定】
トラックのタイヤローテーションですが、タイヤの種類によってはローテーションの方法があらかじめ指定されている場合もあるので必ず交換する前に確認をして、指定がある場合にはその指示にしたがってローテーションを行いましょう。

【タイヤに違い】
トラックのタイヤローテーションは基本的に同じサイズ間でしか
行うことができません。

そのため、交換する前には前後輪のタイヤサイズを確認した上でローテーション対象のタイヤのサイズが全て一致した場合のみ行うようにしましょう。

サイズの違うタイヤ間でローテーションを行うのは大変危険なので例え問題なく取り付けできるとしてもリスクばかり増えて本末転倒なので絶対にやめておきましょう。

引用元-FF?FR?トラックのタイヤローテーション方法 – 行列のできるトラック相談所

エコなタイヤとローテーションで燃費アップ?

ガソリン高騰で注目を浴びるエコタイヤ

エコタイヤは、実は十年以上前から販売されていました。

しかし、当時はガソリンも今ほど高くなく、また雨の日のドライビング性能をいかに高めるかというのが関心の中心だったため、あまり注目されませんでした。

(当時のエコタイヤは、排水能力が劣っており、時代に逆行していたからです。)

しかし、近年のガソリン高騰により、再びエコタイヤが注目を集めるようになりました。
特に燃費が経営に大きな影響を与える運送会社やバス会社などをターゲットとした、トラック・バス用のエコタイヤがどんどん開発され、採用されるようになりました。

引用元-エコタイヤって知ってる?/自動車燃費向上大作戦!

トラックのタイヤの交換時期とローテーションのタイミングとは。

タイヤの交換の時期を表すものとしては、タイヤの溝を見ることは有名ですが、実際に初めて見る方はわかりにくいですよね。

実はタイヤをよく見てみるとタイヤの溝には、スリップサインというタイヤの交換の時期を、知らせてくれる印がついています。

これは新品のタイヤでも溝の部分を、良く見てみると溝の中ほどに山があるのが解ります。

長く走行しているとタイヤの溝が磨耗していき、この山がタイヤの表面と均一になってきます。

この山はタイヤの溝の高さが1.6mm以下に、なっていることを知らせてくれます。

もし溝が少ないタイヤで急ブレーキをした場合、車の制動距離が延びてしまい事故に、つながる危険性がとても高くなります。

この山が均一になれば、タイヤを交換しなければいけない時期と思って良いでしょう。

引用元-タイヤの交換の時期は?溝やひびなど自分で見分ける方法をご紹介!

タイヤローテーションで、安全性があがります!

タイヤローテーションすると安全性はUP

経済的にはあまり意味のないタイヤローテーションですが、安全面からする効果があります。

自動車は、特殊な車以外は前輪で車の進行方向きめています、前輪駆動車なら前のタイヤが回って車を動かしますし、ブレーキを踏んだときは車の荷重が前輪に掛かります、このように車の前輪はとても大切なのです。

極端な言い方ですが、前輪に比べれば後輪はくっついて回っているだけといってもいいかもしれませんね。

タイヤのローテーションでは、4本のタイヤのうち、摩耗の少ないタイヤを常に前輪に持ってくることができるようになります。

すると、タイヤの性能が上がって、雨の日などで滑りにくくなり安全性UPにつながってきます。

タイヤの片側だけ減っている(片減り)をしている場合は、特にローテーションの効果が高いと思いますよ。

引用元-タイヤローテーション

タイヤに着いているホイールの役割ってなに?

タイヤ・ホイールの役割1:グリップ、ハンドリング、タイヤの摩耗性の向上

ホイールは、タイヤをクルマへ装着するのになくてはならないパーツです。

役割は何かと言うと、1トン以上もある車体を動かそうとする車軸から回転力をホイールがタイヤに伝えること。

ホイールがタイヤを適度に押さえているので、加速時や止まる時などの力が適度に伝わるのです。

もし、ホイールが無ければ、タイヤは車軸の力を効率よく受けられずに、空回りを起こして進めなかったり、停止できなかったりします。

その他、ホイールの直径のサイズを変える事によって、正面から見たタイヤのゴムの長さを変える事が役割です。

ホイールを小さくすると、タイヤのゴムはそれだけエアーが入る事になります。

その結果、よくゴムが撓み(たわみ)、凹凸がある路面を走る時、車体が上下に振れる事を押さえ乗り心地が良くなります。

ゴムが撓みタイヤの接地面積が変わると、タイヤのグリップ力にも変化が出て来るのでハンドル操作の効き具合や燃費、タイヤの磨耗にも影響する等の効果もあります。

引用元-タイヤ&ホイールの役割:ホイールWEB

twitterの反応

 - 車 バイク

ページ
上部へ