これぞ晴天のヘキレキ

ヌメ革の財布を飴色にしたい!

      2017/02/07

ヌメ革の財布を飴色にしたい!

ヌメ革の財布を買ったら大切に使い込んで飴色にしていく楽しみがありますよね。

綺麗に飴色にするには財布を買ったらまず日光浴をさせましょう。

日光浴の方法などをご紹介します。

ヌメ革じゃなくてもいいから革財布が欲しい!

そんなあなたの為に失敗しない革財布の選び方などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


ヌメ革の財布を飴色にするにはどうすればいい?

先日、ヌメ革の財布を購入しました。

飴色に仕上げたいのですが、どのようにしていけばいいでしょうか?

詳しく教えていただきたいです。

引用元-先日、ヌメ革の財布を購入しました。飴色に仕上げたいのですが、どのようにして… – Yahoo!知恵袋

ヌメ革財布を飴色にしたいならまず日光浴をさせよう

ヌメ革の財布の魅力

ヌメ革を楽しむには財布が最適ではないでしょうか。

使い始めは硬く使いづらい面もあるかもしれませんが、使っていくほどに繊維がほぐれ柔らかくなっていくので気づいた時には自分の手にしっくり馴染む質感になっていると思います。

質感だけでなく、植物タンニンなめしの特徴でもある色の経年変化も楽しむことができる味わい深さがヌメ革財布の魅力です。

買った時写真に残しておけば、1年後あるいは2年後にははっきりとその差がわかるはずです。

ただ他の革に比べて非常に水に弱いです。シミ・色落ち・色移り・カビなど革財布として致命的な傷を負ってしまう可能性があります。

濡れた際はしっかり手入れをし、大事に使っていくことが重要な革財布であるといえます。

>>ヌメ革の財布を探すならコチラ

ヌメ革の財布の手入れ方法

革の中では珍しいですが、買った際はまず日光浴させましょう。

次に革にある油分を染み出させてコーティングさせます。普段の手入れは特に難しいことはりませんが、汚れなどが付いた際のクリームを使った手入れには多少注意が必要です。

1.買ったらまず日光浴!期間は一ヶ月前後が最適とされていますが、ご自身のお好み具合で期間は調整しても問題ありません。

2.基本的には柔らかい布で乾拭きや馬毛ブラシで軽くブラッシングする程度でok。

3.汚れがついた場合は、クリームを付けすぎないように適量取って優しくなでるように柔らかい布で拭きましょう。おすすめはデリケートクリームです。

4.水に弱いので仕上げに専用防水スプレーを使って手入れ完了!

引用元-ヌメ革財布の魅力と手入れ方法 | おすすめ革財布 | ピントル

ヌメ革財布は使い続けることで飴色に変わっていく

ヌメ革の特徴

ヌメ革の特徴はその丈夫さです。

素材自体は固いのですが、表面はやや傷がつきやすいですまた、太陽の光を浴びたり、素手で触ることで油がつくことで変色します。

しかし、この傷や変色自体もヌメ革の風合いとして味わいが増す素材です。

皮をタンニンなめしという方法でなめしただけの革を指します。独特の薄い茶褐色の色が特徴的です。

丈夫だが傷がつきやすい

ヌメ革はその加工法上、非常に丈夫です。

少々荒い扱いをしても革自体が大きく損傷することはありません。

しっかりとケアをしていれば数十年単位で使い続けることが可能です。

一方、ヌメ革は表面加工がされていませんので、表面の傷はつきやすいです。

爪があたったり、ちょっとこするだけで簡単に傷がついてしまいます。

使い続けることで、柔らかさ・色合い・艶がでてくる

ヌメ革は、タンニンなめしによりなめされていますので、当初は繊維がびっしりと並んでいるため、固くゴワゴワしています。

しかし、使い続けることで繊維がほぐれてクッタリしてきます。

また、色味は当初は淡い肌色をしていますが、使い込むごとに、革の中にある脂分が表面にでてきてアメ色に変わっていき艶もでてきます。

動物そのものの革だから革ごとに個性がある

ヌメ革は表面加工がされていない生の革です。

そのため、革の元となった動物それぞれの個性が残っています。

生きているときにできた傷痕(トラと呼びます)、血が通っていた痕(筋とよびます)などがこれにあたります。

引用元-ヌメ革 / 皮革と加工

ヌメ革の天敵は水なんです!

最初のうちヌメ革は水でも染みになってしまうほど繊細な表面状態です。

万が一濡れてしまいシミになりそうな場合は、固く絞った布などで周辺を含めて湿らせてしまいましょう。

多少色合いが変わる場合もありますが、大抵はエイジングとともに目立たなくなります。
ヌメ革は濡れてはいけないわけではないのですが、最初のうちは特に水シミができやすい状態ですので、 お気をつけください。

引用元-KING OF LEATHER│メンテナンス

長く使える革財布の選び方

長く使える革財布を選ぶにはポイントが2つあります。

・強度と耐久性のある丈夫でシッカリしている革 ・財布の縫製(作り)が丁寧な財布

例えば、中国製のように財布の作りが荒いモノであれば財布を長く使えないのは容易に想像がつくと思います。(酷いモノだと、半年も持たずにダメになる革財布もありますからね。)

意外と知られていないのが、強度と耐久性のある丈夫でシッカリしている革が使用された革財布を選ぶことです。 革製品に詳しくない方は意外に思うかも知れませんが、革にもさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。

分かりやすいところでは、柔らかい・硬い 傷がつきやすい・傷がつきにくい といった特徴が革の種類によって異なります。 また、経年変化(エイジング)をしない革、経年変化をする革 にも分けることができます。

長く使える革財布を選んだつもりが、柔らかく・傷がつきやすい革を使用した財布を選んでしまったばかりに、新品の状態から1年も経たずに財布がボロボロになった経験をされた方も多いと思います。

こういった経験をせずに済んだ方も、次に使用する財布を選ぶ際に、間違ってもすぐにダメになってしまうような革財布を選ばない為にも、長く使える革財布を選ぶ際のポイントを覚えておいてください。

長く使う財布に適していない革

まず、長く使う財布に適していない革の種類からお話ししていきます。 

どういった革が長く使う財布に適していないかと言うと、それは以下の革が当てはまります。

・ホースレザー ・ラム ・シープレザー

上記のレザーは、革自体が非常に柔らかく滑らかな手触りがある代わりに、傷がつきやすく残りやすいのが特徴です。 

丈夫で耐久性のある牛革に比べたらという基準になりますが、長く使う目的で財布を選ぶ際には、先ほどのレザーを使用した財布は選ばない方がいいですね。

引用元-長く使える革財布の失敗しない選び方のポイントは2つ | 革財布コレクト ? 本物志向の男性におすすめの心弾むメンズ財布

twitterの反応

 - ライフハック

ページ
上部へ