これぞ晴天のヘキレキ

ピアノの先生は厳しい方が上達する?

      2017/02/07

ピアノの先生は厳しい方が上達する?

子どもにピアノを習わせたいけれど、教室選びってなかなか難しいですよね。

優しい先生がいいのか、厳しい先生がいいのか。

子どもがピアノを習う場合厳しい先生の方が上達はします。

しかし優しい先生の方が長く続けられる事もあります。

どちらの先生がいいのかは子どもの性格ややる気次第で決めましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


ピアノの先生が厳しい方が子どもの為になるのか

ピアノの先生は、厳しい方が、生徒のためになりますか?

我が子の新しい先生は、厳しいと話しています。

将来、音大か、教育学部のピアノ科へ、進学するために、今までのピアノの先生から、自分は、受験としては教えられないので、受験用の先生に付いた方が良いと言われました。

それで、早速、ピアノの先生が、変わりました。

それまでの先生とは、違い、めちゃくちゃ、厳しいと、我が子が言います。

高1の子供ですが、将来は、ピアノの先生になりたいと、言うから、余計に厳しい指導みたいです。

そこで、質問です。

本人の為には、ピアノの先生は、厳しい方が、良いですか?

将来、子供達を教える立場になるのですから、厳しく指導された方が、良いですよね。

引用元-ピアノの先生は、厳しい方が、生徒のためになりますか? – 我が… – Yahoo!知恵袋

子どもがピアノを習う場合は厳しい先生の方が伸びるが・・

子どもから始める場合、ピアノは一般的には厳しい先生の方が伸びるようです。

というのも、ピアノの上達は練習量にほぼ比例します。

特に技術をつけなければいけない小学生以下の段階では、まだ本人に欲が無いので自主性のみに頼ると練習が不足しがちです。

「練習しないと怒られる」

というプレッシャーがあると否応無しに練習する事になり、結果的に伸びが早いです。

…これは優しいとか厳しいとかの問題ではなく、単に練習量の差なんですけどね。

ただし、これは「厳しくしてもやめない子」の場合です。

厳しいレッスンだと辛くなってやめてしまう子は、優しいレッスンで楽しみながらでも長続きさせた方が、長い目で見れば当然伸びます。

大人の方は、ご自身が「ピアノをやりたい!」と意欲的に通い始める方が大半ですから、先生が厳しく練習練習と言う必要は殆どありません(今時、大人の方に対して怒鳴り散らすような先生は、さすがに居ないと思いますが…)。

レッスン内容も大人同士の対話になりますから、コニュニケーションが取り易く、ポイントを的確にわかり易く教えてくれる先生につくのが良いでしょう。

「大人だし、趣味だから適当に」というスタンスの先生も、生徒さんと真摯に向き合っているとは言い難く、考えものです。

当教室では、大人の生徒さんには、内容に関して必要な事はきちんと教えるけれど、それをどう捉え、どのように練習するかは生徒さん本人に任せる、というスタンスを取っています。もちろん練習方法などで相談を受ければ、お答えするようにしています。

一昔前までは、「お稽古事は厳しいもの」という考えが一般的だったので、多少厳しくても上達が求められていましたが、最近は「お稽古事は楽しむもの」という考えが一般的になって来たため、優しい先生の方が厳しい先生より人気のようです。

引用元-A18

厳しいピアノの先生の方がいいかは子どものやる気次第

優しい温子先生

私の長女の三奈は幼稚園を卒園するころからピアノを習い始めました。

幼稚園の教室を借りて温子先生という外部のピアノの先生が開いていた教室に行きました。

幼稚園児の生徒が多いこともあり、優子先生は優しく教えてくれます。

ピアノを無理なく楽しく習いたいという子にはピッタリです。

でも、年に3回の発表会を聴きに行くとちょっともの足りない感じがしました。

「あの子は何年も習っているはずなのにまだこれしか弾けないの?!」

厳しい範子先生

3年ほどしてから、次女の四つ美にもピアノを習わせることにしました。

四つ美のお友達が通う範子先生のピアノ教室が良さそうだと聞いたので、この際三奈も一緒に入りなおしました。

範子先生は温子先生とは違いました。

「来週までにここをこういうふうに練習してきなさい!」と課題が出されます。

次の回に上手く弾けないと「ダメよ、ダメダメ!。ちゃんと練習したの?!(怒)」と怒られてしまいます。

課題をこなすには毎日練習しなくてはいけません。

でもおかげさまで三奈も四つ美もずいぶん上達しました。

ヤル気度合いに合った教室を選ぼう

ピアノを楽しく習いたい。それほど練習時間を取れそうにないし厳しい教室にはついていけそうにない、という子は温子先生のような教室が向いています。

一方、ピアノを上手く弾けるようになりたい。

上達するためのにきちんと練習する鍛錬もさせたい、という子には範子先生のような教室が向いています。

範子先生の教室でもあまり練習せず上達しない子もいます。

そんな子は、発表会のときに年下の子が難しい曲を弾いているのに自分は簡単な曲も弾けない、と惨めな思いをしてしまうかもしれません。気にならないのならよいのですが。

ピアノにどれくらい力を入れるのか、をピアノ教室に入れる前に考えましょう。そして通っている子やその親に話を聞いてどんな先生かを把握しておきましょう。

引用元-女の子の習い事の定番 ピアノ教室に通わせるときの3つの心構え

間違うと手を叩く先生は子どもの為にならない

?叩く指導は必要か?

まあそもそも熱心がゆえであったとしても叩くことには反対ですね。
?
小学生くらいだったら間違えたことくらい自分でわかるでしょう。

その上で叩くのは生徒を委縮させる行為、そして講師のイライラを晴らす為の行為にしか思えません。
?
普通はことばで「そこ違う」といったり鍵盤のふちを叩いたりとかその程度で済ませますよ。
?

?叩かなくても子供はわかる

子供はとても敏感なのでわざわざ叩かなくても声色の変化や表情なんかで、緊迫感は十分感じとっています。その上で叩くのは体罰とさして変わりません。
?
実際叩かれたことがトラウマでピアノが嫌いになる子も少なくありません。

芸術性を育むことができるピアノをそういった理由で嫌いになってしまう子がいることが残念でなりません。

引用元-怒ると手を叩くピアノの先生の対処法

子どもには何歳からピアノを習わせるのがいいのか

ピアノを習い始める年齢は、5歳~8歳ころが適しています。早ければよいというものでもなく、ピアノを始めるための下地となる能力がついている必要があります。

?ピアノの鍵盤を弾けるくらい指の力がある
?音の名前、指の名前、鍵盤の位置などが、無理なく理解できる

小さいうちは、まだ手も小さく指の力も弱く、鍵盤をたたくのが大変ですし、楽譜の読み方を教えるにしても、音の名前、指の名前、鍵盤の位置などを理解できないうちは学習は困難です。

それぞれの子供の成長に合わせて、ピアノを学習できると判断できた時に始めるのがよいでしょう。

また、音感を養うためには8歳ごろまでに始めるのが効果的です。

ピアノによる様々な学習効果は、楽しんでするほうがより高くなります。

子供は集中力や持続力も限られていますので、練習を無理強いされることで逆にピアノが嫌いになってしまうこともあります。

引用元-ピアノを子供に習わせることによる効果は?何歳から?選び方は?

twitterの反応

https://twitter.com/mendakofloat/status/759167209675436033

 - 勉強

ページ
上部へ