これぞ晴天のヘキレキ

ピアノの先生を変えるのよくない?

      2017/02/07

ピアノの先生を変えるのよくない?

ピアノ教室に通っていて先生と合わないと気付いた時、教室を変えますか?変えませんか?

実は先生を変える事はあまりよくないと言われています。

それは何故でしょうか?

しかし合わない先生にずっと習うのも嫌ですよね。

そうならない為にもピアノ教室を選ぶポイントなどをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


ピアノの先生を変えると苦労する?

本格的に教室変更を考え、色々な人に相談すると、決まって帰ってくる返事は「最初からしっかりした先生に付いた方がいいわよ」って言葉。

なるべく先生の変更はしない方がいい。だから先々まで見通して、最初からしっかりした先生に付かないと、子どもがかわいそう…と皆さんに言われました。

最初からって…ウチの最初は大手楽器メーカーの音楽教室よ(笑)。

それも大手楽器メーカーの音楽教室ではピアノ習ったことにならんのかい?

それはともかく、なぜ皆さんそのようにアドバイスしてくださるのかと言いますと…、ご自身たちがピアノの先生を変えた時に、それなりの苦労をしたからだそうです。

どんな苦労かと言うと…。

今まで習った事の全否定(!)。

そして、そこからのスクラップ&ビルドの大変さ。

これに尽きるそうです。

指の動かし方から手のフォーム、姿勢のフォーム、前の先生に誉められてきた演奏スタイル、さては家での学習スタイルや親のサポートの姿勢まで、ダメダメダメ~ってなるそうです。

そりゃ、先生にもよるのだろうと思うと、案外そんなことを言う人がたくさんいます。

地域性の問題も多少はあるだろうけれど、やはりピアノ演奏も派閥みたいなものがあるのかな? 派閥を越えた移動は色々と問題ありそうです。

と言うのも、前の先生の紹介で次の先生に変わったって人からは、あまりそういう話は聞かず、苦労話の大抵は、ウチのように自力で次の先生を探した人たちからの声ですからネ。

引用元-ピアノ教室を見学して思うこと その9 最初からしっかりした先生に付いた方いいですよって言われます: 老いた犬に芸は仕込めない? ~声楽・フルート・社交ダンス・ヴァイオリン日記~

先生との相性が合えばピアノ教室を変える必要はなくなる

重要となるのが、いかに自分に合った先生を見つけるかということです。

あなたは先生を決める時にどんな基準をお持ちでしょうか。音大や海外留学経験などの学歴。親しみやすさ。人気…色んな要素があります。

そして、それらの要素も考え方一つで解釈も異なってしまいます。

例えば、経験の長い先生と成り立ての先生では、経験の長い先生ならベテランだから。

という考え方もある一方、経験に任せてただこなすだけ。という考え方もあります。

逆に成り立ての先生の場合、教えた実績が少ないから。という反面、若くて成り立てなので情熱があって良い。という考え方もできます。

つまり、先生の年齢にしても、実績にしても、教室の人気にしても考え方一つで、プラスに働いたりマイナスに働いたりするということです。

そこで、重要になるのが相性です。

習おうとする側と教える側の相性が合うか。ここが大切なポイントです。この相性とは何を指すかということですが、まず習おうとする側のピアノ教室に通おうとする動機を整理する必要があります。

習おうとするのは、大人なのか子どもなのか、ピアノを習いたいのは、子どもの情操教育の一環程度なのか、将来音楽界で生計を立てたいほどなのか。

趣味で始めるにしても、ピアノの演奏を楽しめればいい程度なのか、発表会などでそれなりに活躍してみたいのか。などが挙げられます。

そして、その動機によって、選ぶ先生も絞れてきます。

つまり、習おうとする側の動機に応えてくれる先生を選ばねばピアノ教室に通う意味合いが薄れてしまいます。

趣味の延長程度で考えている生徒に対し、通常では気付かないほどのミスタッチでも厳しく指摘、叱咤するような先生。

その逆で、高いレベルを目指しているのに、大きなミスをしなければ指導しようとしない先生。

このような習う側と教える側に溝があってはなりません。

ですから、自分の動機にピッタリ合った先生を見付けたら迷わず飛び込んでみましょう。
きっと楽しい自分に合ったピアノレッスンが待っていることでしょう。

引用元-ピアノ教室の先生の選び方と相性の考え方 | sheer Kidsリトミック教室

良くない先生とは?ピアノ教室を変える事のないように

良くない先生の見極め方

最後に、私の経験や友人の話から、「レッスンを受けない方が良い先生」の特徴をご紹介します。この中に当てはまるものがあったら、ちょっと考えた方が良いかも知れません。

1.他の生徒さんの悪口を言う
言うまでもなく、人間性を疑う言動ですね。「自分も言われてる?」と不信感に繋がります。

2.他の先生を馬鹿にする
1.と同じ事ですが、以前習っていた先生や近所の教室、大手教室など「同業者」を馬鹿にしてはいけません。
特に、以前習っていた先生を馬鹿にするというのは、生徒さんの人間性を否定するようなものだと思います。

3.模範演奏をしてくれない
「先生弾けないの?」師弟関係において一番感じさせてはいけない事です。

4.ピアノが汚い
汚れたピアノでレッスンをしている先生は、ピアノを大切にしていません。

5.曲を仕上げない
生徒さんが行き詰まった時に、指導せずに「この曲はもう終わり」としてしまうような先生には指導力がありません。

ピアノ教室を変える事は…

私はいままで、4人の先生に師事してきました。

A先生からB先生を紹介していただき、高校卒業&上京でB先生の元を離れ、大人になってからC先生につき、先月C先生の教室を辞めてD先生への師事を決めています。

紹介していただいた時はさほど感じませんでしたが、「ピアノ教室を変える」というのは「引っ越し」「転校」のように労力を使う事ですね。

これまでの積み重ねが逆戻りしてしまうこともあるし、仕上がったと思っていた曲がやり直し、なんていうことも。

ピアノのレッスンは8割以上が相手の人間性に影響されますので、教室を変えると、会ってみないと分からない緊張感もあって最初はとても疲れます。

とはいえ、合わない先生の教室で決して安くない月謝を払い続けるのも勿体ないので、「先生変えたいな」と思ったらまず、「何故変えたいのか」「本当に変えたいのか」をじっくりと考えて、「次はどういう先生が良いか」を具体的にしてから行動しましょうね。

引用元-ピアノ教室の選び方 | LOVE PIANO!

ピアノ教室を選ぶ時に確認しておきたいポイント

・料金(月謝)や入会金・教材費などのお金のこと

・レッスンの内容,使用する教材,レッスン時間 等のレッスンの中身

・通いやすい場所かどうか

・レッスンに使うピアノの種類(グランド・アップライト)や、他にどんな楽器があるかなどの環境面

・発表会の有無と頻度、どんな規模なのか

気になるお金のことですが、各家庭によって「いくらまでなら出せる」という予算があるのが普通ですよね。なので、ここは最初に確認したいところなのですが、明瞭料金の大手教室(ヤマハとかカワイ)と違って、個人の教室だとはっきりわからないことが結構多いんですよね・・・。

聞きにくいことなのですが、勇気を出して最初に確認したいところであります。。。

レッスンの内容やどんな環境でのレッスンなのかは、実際に体験レッスンなどで確認するのが一番です。

無料か有料かはともかく、体験レッスンをしてくださる教室が多いと思いますので、ぜひ、一度実際の教室に行ってみられることをお勧めします。

発表会の有無なんかも是非確認したいですね。日頃の練習の成果を発表する場があると、子供のモチベーションもアップします(^^)

あと、通いやすい場所であることも結構重要かと・・・。

送迎する場合なら交通の便や駐車場の有無など、子供が自分で通う場合ならば安全に通える距離や環境であるかなど。長続きするためには重要なポイントかなと思います。

引用元-子供のピアノ教室選びを失敗しないために(私の経験より) | ピアノファン-大人も子供もピアノが面白い-

ピアノの先生にお中元やお歳暮は必要なのか?

お中元やお歳暮は、先生とのお付き合いが長くなるまで様子を見て大丈夫です^^。

今は季節のあいさつも簡略化されて、お中元やお歳暮は絶対!というわけではなくなっています。

?

おうちの方自身の「差し上げたいという気持ちになったら」を、基準にするとよいでしょう。

個人教室の先生には、初めてのレッスンの日に簡単な手土産を持参するのもいいですね^^。

引用元-ピアノの先生の選び方!変えることなく続ける秘訣と気になる月謝は?

twitterの反応

 - 趣味

ページ
上部へ