これぞ晴天のヘキレキ

ピアノの練習をする子供たち

      2017/02/07

ピアノの練習をする子供たち

皆さんは幼いころ「習い事」をしていましたか?

子どもたちは誰しも、やったことのないことを始めるわけですから最初はいっぱい練習して意欲的でしょう。

そもそも、どれくらい続けた記憶がありますか?

大人になった今、それは役に立っているのでしょうか?

習い事の代表的といえばピアノ。

それぞれ記事を集めてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


子どもにピアノの練習をさせる理由、きっかけは?

習い事をはじめた理由やきっかけは?また主に誰の希望を優先しましたか?

習い事をはじめる…これはお子さまはもちろん、ママパパにとっても大きな出来事。

いつはじめたらいいの?何を習わせたらいいの?…と、お悩みのママパパもいらっしゃることでしょう。

そこで経験者であるママパパに、お子さまが習い事をはじめたきっかけや、誰の希望を優先して習い事を決めたかなどをフリーコメントでお寄せいただきました。

さて、その結果は…?!

(ニックネーム/お住まい/お子さまの性別)で表示しています。

2歳になったので、公園で遊ぶ以外の経験をさせてあげたかったから。

私と子どもが英語とリトミックを体験をして、感想を主人に話し2人で相談して決めました。子どもが楽しそうだった英語に決めたので、子どもの希望を優先した感じです。

(ゆかたん/石川県金沢市/男の子)

4歳になって習い事を始めました。3歳の頃は興味はあったようですが、見るものすべてやりたい、と言っていて本当にやりたいものが判らなかったので少し様子を見ていました。
4歳になると、○○を習いたいと常に言うようになったのでやらせました。親の理想で習い事を初めても本人がやる気がなかったり、長続きしないと 思ったので本人のやりたいものを長く続けられるか意思確認をした上でやらせました。

(まりん/千葉市美浜区/女の子)

6ヵ月のころから通っているリトミックは、主に私がママ友達を作りたかったため。スイミングは子供が水が好きだったので始めました。とても楽しんでるようです。

(くまちゃん/滋賀県大津市/男の子)

ママ友から紹介されてはじめました。
まだ、年齢が小さいので自分でやりたい習い事は分からないと思ったので、主に私達親の希望です。月謝も安かったので「あまり子供に合っていないお教室なら、やめちゃえ!」という感じで、気軽にはじめました。幸い、子供は楽しんで通っています。

(くりちゃん/神奈川県横浜市/男の子)

やっぱり、これからの時代、英語は喋れた方が良いと思って基礎づくりをしてあげました。希望は英語が喋れないママ&英語がペラペラのおばあちゃんの希望で始めました!
(じゃむ/東京都八王子市/女の子)

引用元-習い事~はじめたきっかけ&理由・誰の希望?|子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)|ハッピー・ノート.com

ピアノの練習をしない子どもに

「ピアノを習いたい!」と子供から言いだして習い始めたはずのピアノ。

嬉しそうに自分からピアノに向かっていたのは初めの方だけで、今は週に1度のレッスンに通っているだけ。「自宅で練習なんて全くしない!」なんていう状態になっていませんか?そう、ピアノを続けていくことの難しさは、この「練習」にあります。

多くの場合、アップライトピアノや電子ピアノを購入し、自宅での練習もできるような環境にしてあげているのに、なぜか肝心の「練習」が進みません。そして親にとっても、ただ週に1度や2度、教室まで送り届けるだけでいい他の多くの習い事との違いが、ストレスになることがとても多いのです。

子供が挫折するのが早いか、ママたちの忍耐が持たなくなるのが早いか、という状況に陥っている家庭も多いのではないでしょうか?

毎日イライラが爆発しそうな今の状況から抜け出すためのポイントは、「見極めること」と「子供自身が気づくのを待つこと」です!

引用元-「ピアノの練習をしない子供にママのイライラ爆発!!」からの脱出法 | MARCH(マーチ)

子どもにとってのピアノの練習とは

子供のピアノ教育

このページは、子供のピアノ教育に関心を持つ親の方々のために書きました。

自分の娘にピアノを教え始めてからの体験をもとに率直に記していきます。

幼少期にピアノを習っている子供は結構多いのに、中学生になるとめっきり少なくなります。せっかく習ったのに面白みを感じないうちにやめてしまうという事実は、ピアノ好きな私にとっては残念なことです。

音楽には人とコミュニケーションできる力があります。

心を豊かにし、たくましく育ててくれます。

最近の中学生はやたらクラブ活動・受験勉強に追われ、余暇があれば テレビを見たりゲームをしたり・・・

どこで情緒を育てていけるのだろうと思ってしまいます。

ピアノをやめてしまう1番の原因は、新しい楽譜の譜読みが苦痛ということのようです。
読めても指が思うように回らない、練習するのが嫌、先生と合わない等、導入期のピアノ教育に問題がありそうです。

「子供の音楽教育」のページでも述べましたが、ピアノを習い始めるときに、ソルフェージュをしっかりやっていくことがとても重要だと思います。

引用元-子供のピアノ教育~子供のピアノ教育に大切なこと

ピアノは脳のトレーニングにも?!

ピアノを弾く、演奏する。この動作は、レッスンすれば簡単なように見えますが・・・

一からピアノ習ってみると、わかるのですが、脳は、目や耳から得た情報によって、かなり複雑な処理と命令を出しています。カラダはそれに、瞬時に反応しているのです。

つまり、ピアノを演奏するということは・・・

1.目⇒音符、休符、ペダル、強弱などたくさんの情報が、入っている楽譜を一度によむ。

2.脳⇒目から得た情報により、指や足などに指令を出す。

3.指・足⇒指(両手は左右違う動き)と足をコントロールして、鍵盤やペダルを使いこなす。

4.耳⇒音を聞き取り、イメージ通りか確かめる。

この1~4の一連の動作をスムーズに連続して、さらに感情豊かに表現しているのが、ピアノ演奏です。

これって、普通に考えても、かなり複雑な動きですよね!!

引用元-子供の習い事にはピアノがおすすめ!その理由とは? | Otama Journal☆幸せの種

練習を継続させること

「天才と言われる人々に共通していることは、生まれたときから音楽に囲まれて育っていたこと」と。

じっさいこれまで私が取材した、15歳でジュリアード音楽院に留学して将来を嘱望されている中野翔太さんや、チャイコフスキー国際コンクールで優勝した上原彩子さんも、お母さんは音楽大学卒。生まれたときからクラシックに親しんで育ってきました。

そこでアドバイス。

ピアノを始めるなら、ご家庭でクラシックのCDを聴いたり、お母さんやお父さんも弾けるなら弾いてみせてあげたりしてください。家庭に音楽があふれていて家族で楽しむところからスタートです。

上達を励まし、喜んであげて、見守ること

「ピアノのレッスンは子どもとの根くらべです。長い目で励ましてあげてください。たとえ今日練習がイヤと言っても、たまたまその日だけかもしれません。ピアノは弾けるようになると楽しい。だから長く続けることに意味があります」と高橋さん。練習はなだらかには進みません。気乗りしない日もあります。

「でも1週間に1回、レッスンの日だけ弾くのでは上達しません。毎日ピアノに向かうこと。励まして、うまく弾けたら喜んであげて、見守ってあげることが大切です」。

引用元-[習い事入門]ピアノ:続けさせる覚悟できていますか?【前編】|ベネッセ教育情報サイト

twitterの反応

 - 未分類

ページ
上部へ