これぞ晴天のヘキレキ

ロードバイクの初心者がレースに参加するには?

      2017/02/07

ロードバイクの初心者がレースに参加するには?

球技などは大人になってから始めるのはちょっと技術面で無理があるようです。

その点、ロードバイクは自分のペースで筋力トレーニングをして、体力増進がができます。

持久力が付けば、初心者でもレースにも参加が出来るようになります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


ロードバイクの初心者のが安心て参加できるレースは何でしょう?

?ヒルクライムレースは危険が少ない

ヒルクライムレースは名前の通り山を登るロードバイクレースです。

ほとんどのヒルクライムレースが山頂をゴールとし、ほとんどずっと登りっぱなしのコースです。

ロードバイク初心者が初めてレースに出ると落車(自転車がバランスを失って倒れること)で大怪我する可能性がありますが、ヒルクライムレースなら速度がゆっくりなので風よけ効果が少なく集団走行になりにくいです。

ヒルクライムレース以外のロードレースはほとんど集団走行になり危険が多く、また集団から離れるとほぼレースが終わった状態で楽しくありません。

自分のペースで淡々と走ることができるヒルクライムレースは集団走行に慣れていないロードバイク初心者にオススメです。

?ヒルクライムレースは全国で開催されている

ロードバイクは人気が出てきていますが、ロードバイクレース自体はまだまだ開催数が少ないです。

耐久レース(時間を決めて一番距離を走った人が優勝というレース)は増えていますが、速い集団とロードバイク初心者の速度差があり結構危険です。

ヒルクライムレースも全国的に大人気となっており、国土の大部分が山間部という立地の日本ではヒルクライムレースが全国各地で開催されてます。

自治体が協力してくれるヒルクライムレースも増えており、レース後にふるまわれる地元のおいしい食事などもヒルクライムレースの楽しみなので、ロードバイク初心者が参加するには最適だと思います。

引用元-ロードバイク初心者にヒルクライムレースがオススメな3つの理由 | ロードバイクハック

ロードバイクのレースが初心者やってしまいがちなミス

5.故障トラブルの対処法を知らずに出かける

オレサマはダホンを購入して半年間はパンク修理の仕方を覚えないまま乗っていた。

当時はママチャリの感覚が残ってて、

「そうそう滅多にパンクなんかせえへんやろ。予備チューブや携帯用ポンプを持って走る?余計なモンは自転車に付けたくないからまあええわー」って思っていた。

水だけ持って、一人で荒川サイクリングロードをかっ飛ばしていた頃のことを思い出すと、我ながら「バカで無謀だったな」って思う。幸い、買って半年はたまたまパンクに遭遇しなかっただけだ。

正直に言うと、パンク修理って面倒くさそうだし、そんな技術は自転車メカニックさんでないと習得できないんじゃ?くらいの認識だったの。でも、ショップの大将に「それぐらいできなくっちゃダメ!トラブル起きたら帰ってこれなくなってしまうでしょ」と指導を受け、覚えたのだ。

最初の数回は手こずるけど、3回も脱着の練習をすれば身体が覚えてくれる。

6.イベントやレースの前に張り切って食べ過ぎる

体力に自身のない人ほど、これをやってしまいそうな気がする。

「長いイベントだから、しっかりとカーボローディングしなくっちゃ!」

とか張り切って、エンデューロ会場到着前に立ち寄ったコンビニで菓子パン3個とウィダーインゼリーとオニギリを胃袋に押し込み、レース開始直前に

「ち、ちょっと一休みするわ…」ってなってしまったのは、何を隠そうこのオレサマである(笑)。

ロングライドのときは、事前に詰め込みすぎるんじゃなく、道中の休憩でチビチビ食べる、くらいがちょうどよい気がするね。

引用元-ロードバイク初心者がやってしまいがちなミス10選(GCN動画の翻訳紹介): サイクルガジェット ロードバイクが100倍楽しくなるブログ

ロードバイクの初心者のレース・鈴鹿サーキットの走り方

●スタート
レースはメインストレートの緩やかな上りからはじまります。
自転車レースは比較的距離が長いので、あせらず落ち着いてスタートすることが大事です。
鈴鹿サーキットは安全性の高い素晴らしいコースです。 自分の技量にあったスピードコントロールで、集団走行ではムリせず、安全なレースを心がけてください。

●ホームストレート?シケイン
長いストレートから複合急カーブになる箇所で、スピードがダウンします。集団での自分の位置をよく把握し、他の選手との接触に注意しよう。十分スピードをコントロールし、無理をしないコースのライン取りがポイント。
※急ブレーキと突然のコース変更は禁物。前後左右の人の動きに注意。

●西ストレート?スプーン
西ストレートは緩やかな下りだが、スプーンカーブ手前の右コーナーの入口から緩やかな上りとなります。ここでは集団の先頭からスピードダウンして行くので、前の走者に追突しないよう注意しよう。
※スピードアップした集団が、上りに入った先頭から徐々にスピードダウン。

●ヘアピンカーブ
下りの急カーブで逆バンク(コース内側より外のほうが低くなっていること)気味なのでスピードダウンし、無理をせずコース取りに注意しよう。シケイン同様、注意が必要なポイントです。
※路面が滑りやすい箇所なのでスリップに注意。

引用元-シマノ鈴鹿ロードレース

レースに参加してみましょう

?自転車レースに出よう!

サイクリングじゃ物足りない!という競争心旺盛なあなたにおすすめしたいのが、自転車レース。

?大人になってから野球やサッカーを始める人はいませんが、 実は自転車レースは大人になってから始める人がたくさんいるんですよ。

「お父ちゃんいい歳こいて何してんの?」なんて言われながら、休日には早起きして仲間との練習会に励む、 これもスポーツしての自転車の楽しみ方です。

「どうせやるなら目標が欲しい!」「若いモンにはまだまだ負けん!」
そんなあなたには自転車レースをおすすめします。

実際、出勤前や帰宅後、あるいは通勤を利用して練習を積み重ねているオジサンたちが、レースや練習会で若者を引っ張って先頭で走る 「強い人」であるのもよくあることです。

ここでは、ロードバイクを用いた自転車レースを中心に説明します(管理人がロードバイク派なので・・・)。

このページのトップへ↑

?自転車レースに出るには?

全国各地で開催されている自転車レースの募集要項は、自転車専門雑誌で調べることができます。

現在、自転車雑誌としては、「サイクルスポーツ」「バイシクルクラブ」「ファンライド」の3誌がメインですが、 なかでもレース情報が充実しているのは「サイクルスポーツ」だと思われます。

自転車レースの主催者のホームページをチェックするという方法もあります。

また、インターネットからエントリーできるシステムも充実してきました。

ところで、自転車レースに参加するために必要なのが「練習」。

特にロードレースでは、集団走行が基本となりますが、これがなかなか難しい。

集団走行にある程度慣れていないと、レースで遅れをとるどころか、危険な走り方をしてしまい、他の自転車と接触して転倒してしまう、 という結果になりかねません。

スポーツ自転車を専門とする自転車店では、たいてい、クラブチームを作っており、チームでの練習会を行っています。

そこで集団での走り方(他人の後について走る方法、先頭交代の方法など)を練習すると良いでしょう。

引用元-自転車レース

ロードバイクの選び方

STEP1:まずは目的を明確に

まずはどんな目的でロードバイクに乗りたいか考えてみましょう。

■シティーライド、街中の移動に

■ダイエットに

■フィットネス、健康のために

■通勤用に

■ロングライドでサイクリングを楽しみたい

■ロードバイクレースに出たい

■トライアスロンに出たい

このような目的でロードバイクを購入する方が多いと思います。

まずはあなたがロードバイクに乗って一番やりたいことを考えてみましょう。

明確な目的があればロードバイク専門店を訪れた際に店員さんに相談しやすく、最適な一台が見つけやすくなると思います。

STEP2:次は予算を決めましょう

買い物や最寄り駅、隣町まで行くだけのシティーライド中心の場合はクロスバイクや10万円以下のエントリーモデルでも快適に使えると思いますが、ロングライド、フィットネス、ダイエットなどのスポーツ目的や通勤に使いたい場合は10万円以上のミドルレンジモデルが長く快適に使えるでしょう。

100km以上のロングライドをしたい、ロードバイクレースやトライアスロンに出てみたいという方は15万円以上のミドルレンジ~ハイエンドモデルでコンポーネントもある程度良い物を選ぶことがおすすめです。

引用元-ロードバイクの選び方7つのステップ | ライドロードバイク

twitterの反応


https://twitter.com/masatoku/status/679556349789782016

 - 趣味

ページ
上部へ