これぞ晴天のヘキレキ

家は新築がいい!でも金額も気になる!

      2017/02/07

家は新築がいい!でも金額も気になる!

家が欲しい!新築で建てたい!でも金額がどれくらいかかるか気になる・・・

新築で家を建てる場合の平均金額とはどれくらいなのでしょうか。

家を建てる時には建物だけの費用だけではなく、諸費用も結構かかってくるので

注意が必要です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


新築の家を建てる予定だが平均金額が気になる

戸建新築を予定している者です。

土地はありますので、今HMや工務店など数社で家の見積をお願いして具体的に検討しているところなのですが・・

そもそも、主人がごく普通のサラリーマンの一般的な家庭の場合家にかける金額(及び住宅ローンの金額)ってどのくらいが妥当、平均?なのでしょう?

土地、カーテンや外溝、消費税、諸費用等全てひっくるめて2500万くらい?でしょうか?
若干強気な額のローンでも夢のマイホームの為に頑張るか?

それとも余裕のローンで家にはこだわらず、たまには海外旅行なんかにも行けちゃうような無難な額にしておくか?

考え方なのでしょうけど、これって結構大事な事ですよね?

引用元-マイホームの平均金額って? – 一戸建て 締切済 | 教えて!goo

家を新築で建てる場合の平均金額

家を新築で建てる場合の平均費用はどのくらいなのでしょうか。

平均費用は新築住宅の相場とも言えますので、これを把握しておけば予算を組む際にも役立ちます。

新築住宅の費用の全国平均ではおよそ3,500万円というデータがあります。
?
?
この額には土地代も含まれており、土地代を除いた場合の平均費用は2,200万円ほどです。

この数字は地域による差も大きいのが特徴で、東京では5,000万円ほどで全国平均と比較してもかなり高くなることがわかります。
?
これは建築費用がかかるのではなく、土地代が他の地域よりも高い傾向にあることが原因だと考えられます。

つまり建築費用だけで見れば地域の差は少ないと言え、2,000万円前後が新築の家を建てるために必要な金額になります。

ただ、実際に家を建てる時に平均価格に収まるかはわかりません。

家の坪数によっても価格は上下しますし、工事を依頼する住宅メーカーによっても上下します。

特に注文住宅は建売住宅と違いあらかじめ価格が決められていませんので、詳細を決めて見積もりを出してもらうまでは実際の額は確かめられません。
?
?
そのため全国平均を基にして予算を用意しても、もっと多くのお金が必要になることも考えられますので注意しましょう。

どうしても予算を増やせない場合、材料を安いものに変えたり、間取りを変更するなどして実際の費用を抑える工夫が必要になります。

平均費用はあくまでも目安程度のものだと考えておくことが重要です。

引用元-新築にかかる費用の平均を知ろう

新築でも安い金額の家にはそれなりの理由がある

(1)他社と比べて、標準仕様とオプションの境目がムチャクチャなパターン

早い話、アレもコレもオプション設定になっていて、標準坪単価からドンドン追加されていくことになります。

ヒドイのになると、サッシの網戸までがオプションになっていて、腰が抜けそうになったこともありました。

まあ、私たちから見れば、子供だましと言いますか、もっとも原始的なパターンです。

こういう業者さんは、広告に引っ掛ったお客さんに、「悪いようにはしませんからボクに任せて下さい!」と、ロクに仕様説明をせずに強引に商談を進めて、契約後に追加をたくさん要求するケースが多いのです。

この話を踏まえた上で、あなたも一度、やってみてください。

必ずこのパターンになりますから。(笑)

肝心の対抗策は、言うまでもありませんが、細かな仕様をしっかりと確認して、希望の設計、仕様を盛り込んだ見積りを提示してもらってから決めるようにすること。

もちろん、このような姿勢の業者さんと一緒に「いい家を建てよう!」と思ったらの話ですが。

ふたつ目。

(2)『本体価格=坪単価』だけでは、住める家にならないパターン

このパターンは少し手口が巧妙になって、標準仕様の線引きもグレードも納得性があります。どう巧妙なのかをご説明しますと、こういうことです。

ひとことで言うと、家というのは『本体価格=坪単価』だけでは、住める家にはなりません。

家そのものにかかる本体工事費以外に、付帯工事と呼ばれる、屋外の給排水工事、ガス工事、外構工事、建替えの場合は解体工事、などなど、びっくりするほど沢山の費用が本体の他に必要になります。

(※参照:「結局、なんぼで家が建つン?~別途費用の話」)

もうお解かりですよね? そうです。

標準搭載されている仕様をみても良い物がついているのに、家本体は、確かに安い。

安いのですが、しかし。

『本体工事以外の工事費=付帯工事』が高いっ!それはもう、高いどころの話じゃなくって、常識の金額のざっと2倍の見積り金額だったりします。

でも現実に!

この手の業者さんも、やはり、契約までは総額を提示しようとはしませんので、本体以外に必要な付帯工事費もぜ~んぶひっくるめた『総額』を書面で提示して貰うようにしましょうね。

引用元-心しておこう!「値段の安い家には安い理由が、高い家には高い事情が、必ずある」 その1 | 大阪でこだわりの一戸建て注文住宅を建てるなら。後悔しない家づくり実践研究会

新築の家を建てる時にかかる諸費用はどれくらい?

諸費用は、「物件価格の1割」が相場

新築住宅を購入する際、契約事にかかる「避けて通れない諸費用」は、物件価格の約1割といわれます。

ローンや保険の契約内容により条件が変わる部分もありますが、3000万円の物件ならば300万円を用意しておくと概ねカバーできるでしょう。

上記、粗方の金額が出ているものを合計しても、約200万円は必要でした。

諸費用ローンを準備している金融機関もあるようですが、金利が高い上に、本来借りなくてはならない住宅ローンの枠を圧迫してしまうこともあり得ます。

やはり、諸費用準備金と頭金は多ければ多いほど良い、というのが正解です。

諸費用を準備するために、新築住宅へ用いるべき資金が少なくなることは何があっても避けなければなりません。

あなたが一生涯住む家なのですから、機能やグレード、好みのテイストの面で妥協することはして頂きたくありません。

引用元-新築住宅の購入に必要な諸費用と概算金額を解説 | 家を建てる前に知っておきたい知識

家を購入する時頭金なしの人が意外に多い

頭金なしで購入している人が最多。親からの援助によって頭金を用意した人も多い

なんと0円(頭金なし)が26.0%で最多。

年収400万円未満の人は、頭金なしで買える物件を選んでいるケースが多いことが分かる。

次に頭金200万円未満が23.4%で、0円~200万円未満を合わせると49.4%と約半数となっている。

頭金200万円~500万円未満が18.3%、500万円~800万円未満が11.7%。

一方、頭金1000万円~1500円未満は7.7%、1500万円~3000万円未満は6.2%と1000万円以上用意した人もいる。

頭金の調達方法としては、親から援助してもらっている人が多く、貯金で調達した人の割合は、ほかの年収層に比べて、年収400万円未満が最も低い。

引用元-家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011| SUUMO(スーモ)

twitterの反応


https://twitter.com/choku6c/status/780649737829519360

 - 経済

ページ
上部へ