これぞ晴天のヘキレキ

学校のPTA役員を免除してもらえるのはどこまで?

      2017/02/07

学校のPTA役員を免除してもらえるのはどこまで?

保護者が頭を悩ます学校PTAの役員問題。毎年壮絶な争いの元に決められていますよね・・。

でもうちはどうしても出来ません!という理由をお持ちの方、免除してもらえるのか調べてみましょう。

また、PTA役員の経験者からのアドバイスもぜひ参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


学校のPTA役員を免除出来るのはどこまでOK?

PTA役員の辞退理由はどこまでOK?

先日、PTAの役員選出があったのですが、どこまでが辞退理由としてOKなのか?と考えさせられました。

「過去2年以内に役員を経験した」・・これは学校が認める辞退理由になっています。

「持病がある、もしくは介護せねばならない家族がいる」「妊娠中、または0歳の乳児がいる」・・これも辞退理由になると思います。

「母子家庭、または父子家庭」・・個人的には仕方ないかなと思います。

私がどうかな、?思うのは
「両親共にフルタイムで仕事をしている」
「下に小さい子供(小学生未満、0歳ではない)が複数いる(2人とか3人)」
です。

皆さんの地域ではどこまでが辞退理由になりますか?、また、個人的にはどう思われますか?

引用元-PTA役員の辞退理由はどこまでOK? – 先日、PTAの役員選出があったのですが… – Yahoo!知恵袋

学校の役員を免除出来るのは1度でも経験した人のみ

一人の子供に対して一度何かの役員をしたのであれば辞退できると思います。
それ以外は・・・その都度違うかな~。

母子家庭や父子家庭、これは理由にならない、と私は思います。

母子家庭だけど祖父母がすぐそばに居て協力できる家庭もあれば、

両親そろっているけど、祖父母は遠方だし夫は単身赴任、という家庭もあります。

フルタイム勤務は理由にならないですね。小学生の家庭は両親共に働く家庭は多いので、これ言ってると役員足りなくなっちゃう。

ついでに上と同じだけど、協力できる人がそばにいる家庭もあるはず。

逆にフルタイムじゃないけどどこからも協力が得られない家庭も。

結局、一人の子供に対して一度何かの役をする。

これ以外は聞いてるとキリが無いこと。

6年間のうちに、一人が一度は何かする。出来る範囲で協力しながらこなす。

これでいいんじゃないでしょうか?

引用元-PTA役員の辞退理由はどこまでOK? – 先日、PTAの役員選出があったのですが… – Yahoo!知恵袋

比較的免除されやすい「学校役員を断る文言集」

○「役員をやったことがあります」

役員経験者は文句なしに免除される場合が多い。規約で明記しているPTAも多くあります。

といっても「クラス委員は子どもの数だけ」「本部役員1回とクラス委員を1回ずつ」などと細かい規定を設けているところもあるので、カウント間違いしないようにしましょう。(「かん違い」は「ワザとに違いない」といわれますから(>_<))

○「下の子どもが小さくて…」

下に小さい子どもがいる場合は、比較的免除されやすいものです。

PTAによって「3歳以下の子どもがいる場合」「未就学児がいる場合」「未就園児がいる場合」は役員免除など、下の子どもの年齢制限を設けているところも。

「保育園在籍中の子がいる場合」は保育園に預かってもらえるならできるのでは?と問題になることもあります。

○「妊娠中なので…」

妊娠中の場合はほぼ確実に免除されます。

でも「役員イヤだから妊娠したんじゃないの?」と心無い言葉を浴びせる人もいます。
ときどき「二人目がほしいから…」という人がいますが、失笑をかうだけで理由になりません。

引用元-PTA役員・委員お断り集

出来ない役員は勇気を出して断る!シングルマザーの苦悩

もちろん母子家庭は私だけです。

しかし人数がすくないので世帯の数で話し合いになります。

さすがにPTA会長・PTA副会長の努めを引き受ける勇気はありませんしそういった重大な役員は男性の方がいいという話にはなるのですが、旦那のいない私には

「ぜひ男性にやってもらいましょう」

なんて言えるわけもなく大人しく隅っこに座ってましたが、世帯によっては旦那さんのお仕事の都合上「旦那が役員を引き受けるのは無理」という方もいらっしゃるでしょう。

そうすると「決まらないのでじゃんけんにしましょう」なんて言う方もいました。

ここで負けたら悲惨な事になると思って青ざめ、さすがに「役に適している方とそうでない方がいるのではないでしょうか…。

私には出来る自信がありません…。」と言いました。断るのも勇気です。

私がやっても学校に迷惑でしょうし。

話し合いの結果引き受けてくれる素敵なご主人がいらっしゃり、なんとかこの難を乗り越えましたがこういった場は母子家庭は辛いですね。

頼る主人が居ないのですから。

引用元-シングルマザーでもPTA役員はやらなくてはいけないの? – シングルマザーボックス

「学校の裏側がわかる」PTA役員経験者からのアドバイス

「恐れずにやってみよう!」といった励ましの声が多い結果となった。

PTA 役員は初めて経験する人が多いので、何をすべきか分からなくても先輩保護者に教えてもらいながら活動することができるようだ。

フルタイムで働きながら PTA 役員を務めた人の参加の仕方や子どもが何年生のころに引き受けると良いかなど具体的なアドバイスも集まった。

・子どもが低学年のうちにしておいた方がいいと思います。(中学 3 年生・男子)

・フルタイムの仕事をしているので、文書作成などは夜や隙間時間に行い、メールでやり取りを行いました。

月に 1 度の実行委員会は優先的に時間を作り、ほかの活動は無理な時は他の役員の方にご理解とご協力をいただきました。(高校生以上・女子)

・出来ない時はキッパリ無理という。
もし、役員が自分に決まったら出来るだけ行事に参加する。
初めての人も多いから、なんとかなるよ。(中学1年生・男子)

・先輩お母さんの情報はすごく役に立つので相談とかしてもいいと思う。
先生とも良く合うので子どもの様子もよくわかります。(中学1年生・女子)

・頑張りすぎず分からないことは聞くといいかな。(中学 3 年生・男子)

・立候補ではなく、役員になってしまった場合は不安になると思いますが、まわりには助けてくれる人もいると思うので、子どもがお世話になっている学校のために、という気持ちで頑張りましょう!(高校生以上・女子)

引用元-学校の裏がわかる…PTAの役員をやってよかったと思うこと – ライブドアニュース

twitterの反応


https://twitter.com/sena0730sz/status/722360681241010177

 - 子育て

ページ
上部へ