これぞ晴天のヘキレキ

株式に上場するって、どういう意味!?

      2017/02/07

株式に上場するって、どういう意味!?

新聞やテレビで株価のニュースを見たことがあると思いますが、株式を上場するという言葉をよく聞きます。

株式会社の意味はわかっていても、上場するとしないとでは、何が違うのか説明できますか?

なぜ、多くの企業が上場したがるのか、逆にあえて上場しないのはなぜかを知っていますか?

今回は、いまさら聞けない、株式上場の意味をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


Q.株式に上場するとは、どんな意味がありますか?

株式に上場するってどういう意味ですか?

上場すると会社にとってどんなメリットがあるのですか?

大手企業でもあえて非上場企業にしているという話を聞きますがなぜですか?

基本的な事ですみません。

でもよく分からないのです。

教えて下さい。

引用元-株式に上場するってどういう意味ですか?上場すると会社にとってどん… – Yahoo!知恵袋

A.私が思う、株式上場の意味

上場というのは、簡単にいうと会社の株を一般の人が売買できるように株式市場に登録することです。

この株式市場に(日本だと東商、大商やJASDAQなど)登録することにより一般の人がその会社の株を買う(所有者となる)ことができます。

上場する会社の目的は様々ですが、特に知名度のない会社は、上場することにより、社会的な知名度が上がり対外的な信用ができます。

なぜなら、上場するためには、会社としての数字的な裏付けと第三者の評価(監査など)を受けるからです。

上場すれば、その信用をもとに担保なしでお金を借りたりすることができるため、事業の拡大を行うことが出来ます。

また、人それぞれかとも思いますが、有名な会社に勤めたいっていう人も多いですよね。
上場すると人を採用する上でも他の会社より有利な採用ができます。

ただ、現在上場している会社が素晴らしい会社ばかりかというと必ずしもそうではありません。現に上場会社でも倒産など新聞記事にもなったりしますよね。(^^;

引用元-上場って何? – 株式市場 | 【OKWAVE】

株式を一部上場する意味

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。

借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。

しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。

儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)

一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。

株を売るには買う人がいなければなりません。

このような株の売り買いをするところが株式市場です。

株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。

逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。

日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。

東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。

そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。

ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。

上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。

この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。

東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。

また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。

色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。

その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。

つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

引用元-一部上場とは?? – 就職 解決済 | 教えて!goo

株式を上場することによるメリット

株式公開のメリット

資金調達

→公募(IPO)により株主資本が拡充し、事業規模の拡大のための資金に充当できる。また、新事業への進出も容易となる。

また、ふたたび公募(PO)するときも、容易に資金調達ができる

知名度の向上

→信用力の拡大による新規顧客の増加、販路の拡大
→事業提携が有利となる
→従業員の士気が高まる
→優秀な人材の確保

内部管理体制の充実

→規程の整備・運用を通じて、不正・誤謬を防ぎ、リスクを意識した体制が実現

決算の迅速化・適正化

→会社の実態把握が迅速かつ正確なものとなり、監査法人の監査により信用が付与される

コンプライアンスを意識した経営の実現

→株式公開前では意識が薄かったコンプライアンス(法令遵守)確保が意識的に行われ、企業市民として健全な経営が確保される

ストックオプションの行使・株式の市場売却により従業員等のモチベーション確保

→ストックオプションの付与を通じて、IPO前後でオーナーの目線と従業員の目線が同じになり、一体感も形成される

従業員持株会を通じた従業員の資産形成

→従業員のやる気を引き出す

オーナーの創業者利益の確保

→結果的に、創業当初のリスクを取ったことの対価としてボーナス(売出)を貰うことができる

ベンチャーキャピタルの出口確保

→IPOという出口(Exit)があるからこそ、ベンチャーキャピタルからの資金調達も可能となる

引用元-株式公開支援:株式公開ってなに?メリットとデメリット

株式上場のデメリット

上場のデメリット1:上場の準備に時間と費用がかかる

上場にかかる費用は、上場審査手数料の他、引受手数料、監査報酬、印刷会社への支払いなど多岐にわたります。

会社の規模や上場による調達資金の額が大きい程コストも増大します。

上場のデメリット2:上場継続のための費用

上場後も、年間上場料や監査報酬、株主名簿管理料などの支払いは続き、更に内部管理体制強化・株主総会運営コストも発生します。

比較的規模の小さい中堅会社でも上場維持のために、年間5,000万~1億円ほどかかると言われています。

上場のデメリット3:情報開示の義務

自社の業績や経営に関わる情報を、有価証券報告書や事業報告書等により、投資家や株主に適時開示しなければなりません。

会社にとって不都合な事実も公にする必要が出てきます。

上場のデメリット4:経営について長期的な視野が持ちにくくなる

持続的な業績・企業価値アップへの圧力がかかり、直近の業績に捉われやすくなります。

上場のデメリット5:幅広い株主の出現

会社の経営に対し、より多くの株主から広く意見を聞き、それに応えていくことになります。

上場後はオーナーの思いを経営に直接的に反映させるのが難しくなる可能性があります。

上場のデメリット6:買収リスクが増す

自社株式が市場で自由に売買されるため、会社にとって不利な株主に買われることもあり得ます。

引用元-上場とは?メリット・デメリットまとめ | 起業tv

上場しない有名な企業

株式会社とは言ってみれば「株主のもの」であり、上場すれば不特定多数の株主の意見を聞く必要がありますし、それらを無視すれば株主によって糾弾される事になります。

こういった事を嫌い大企業であるにも関わらず上場しない企業もそれなりに存在し、代表的な企業に売上高が1兆円を超えるサントリーや竹中工務店、JCBなどがあります。

株主は目に見える結果を求める傾向にあるので、利益が出るまで長期的な期間を要するものなどは株主の賛同を得られない場合もあり、企業の性格や性質によっては株主に縛られない経営が向く場合もあるのです。

ただし日本を代表するような大企業はほとんど上場している事を考えると総合的に見て上場するメリットの方が大きい場合が多い事は間違いなさそうです。

引用元-企業が株式を上場する理由:メリットデメリット – 株式投資の全て

twitterの反応

 - 経済

ページ
上部へ