これぞ晴天のヘキレキ

渓流釣り ルアーやミノーで釣りを楽しもう!

      2017/02/07

渓流釣り ルアーやミノーで釣りを楽しもう!

釣りは男性の趣味。とイメージしませんか?

中でも渓流釣りというとダイナミックさをイメージします。

自然の中でマイナスイオンを浴びながらリフレッシュできそうですよね。

渓流釣りに適した道具もいろいろあるようですが、ルアーという疑似餌を使います。

ミノーは小魚のようなルアーのことをいうようです。

自分で選んだルアーで魚が釣れたりしたら嬉しいでしょうね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


渓流釣りで使うルアーとミノーの種類

スプーン

金属のできたシンプルなルアーです。

きらめきながらヒラヒラと泳ぎます。

スプーンは誤って湖に落としたスプーンを鱒がくわえた事をヒントに考案されたといわれています。

2gぐらいの小さなものから14gぐらいの大きいものなどサイズや色のバリエーションが豊富です。ニジマス釣りの定番のルアーです。

スピナー

“ブレードという金属板がクルクル回り、魚にアピールします。動きは小魚や水中を逃げる昆虫をイメージしています。

ニジマス釣りなどの渓流でよく使われます。スピナーは、ブレードの下に毛がついたものもあります。”

ミノー

ノーは一番小魚に近い形をしたルアーです。

巻くと沈み、止めると浮かびあがってくるフローティングミノー、水中で停止するサスペンドミノー、深い場所で活躍する、止めると沈むシンキングミノーがあります。

ミノーはフラッシングでアピールし、魚を誘いだすルアーです。

フィッシュイーターが小魚を意識したときはやはりミノーがよいです。ミノーはルアーの中でも5cm、7cm、9cm、12cmなどサイズが豊富にあります。

ミノーはフィッシュイーターが普段捕食しているベイトのサイズに合わせることによって効力を発揮します。よってミノーは色々なサイズがあるのです。

引用元-ルアー | Tool de Fishing

渓流釣りで使うルアー ミノーのタイプ

個人の好みが大きくなってくるところだけど、この辺がルアーでもっとも重要なところ?
人によって好きなものが違うので、一概には言えない。最終的にはその人の好みのものを使うのが一番かも。

スプーンは、
・比較的安価で手に入れやすい
・一つのスプーンで上層から下層まで様々な層を攻められる
・様々な誘いのパターンを繰り出せるし、反対に棒引きでもけっこう釣れる
・流れの関係やダウンストリームの場合には、底はとりづらい(浮き上がりやすい)
・黙っていると沈むので、根ガカリしやすい。 なんてあたりが特徴か...

ミノーは、
・うまい人は見事に魚に近い動きを再現できる
・スプーンよりも食いが良い?という意見もある(状況によるみたい)
・基本的には泳ぐ層は決まってしまう(層を変えるためにはミノー交換が必要)
・流れの関係にもよるけど、ダウンストリームの場合にも、底を取れる
・トゥイッチングなど、誘いをかける必要がある なんてあたりが...

スピナーは、
・魚の目を引き、誘うのに有効?
・重いものが少ないので、使うポイントは限られてくる? なんてあたりが...

この辺は好みに合わせて選択するとか、各種用意するとか、頑張ってみるしかないか...
初心者はロストの危険性が高いので、痛い目を見ないためには価格の安いスプーンで始めた方が無難かも。

引用元-初心者のためのトラウト系ルアー釣り講座 道具編

渓流釣り ルアー(ミノー)の選択

大まかな考え方は、「餌と誤認させて釣る」と「威嚇させて釣る」の2通りだと思います。

「餌と誤認させて釣る」って考え方は、ベイトが豊富で、魚もベイトを積極的に追う(餌を積極的に探している)時期に、特に有効かも。
餌となるベイトフィッシュなどと誤認させるためには、小魚に似た動きやシルエットが効いてくる可能性がある。
更に、虫に似た波紋や色、流下物みたいな動きをしたり、といった感じ?
ルアーセレクトやカラーセレクトは、魚の習性や食性、ベイトの特長ともからんでくる。
(ベイトが稚魚なのか虫なのか?その発生時期は?ベイトのいる場所は?などや、対象魚の捕食の状況は?産卵期に向けての食性や活性の変動は?とか...)

引用元-初心者のためのトラウト系ルアー釣り講座 釣り方

渓流釣りの流域

■本流

本流は、多くの支流から流れ込んだ根幹となる川で、水量が多く、川幅も広く、釣るポイントも大場所(大きな深場)が多い為、餌釣りには長竿が有利です。

又、最近、ルアーやフライフィッシングも盛んなようです。
(イメージ的には簡単に言うと、夏場、鮎釣りをするようなところかな?)

魚種はヤマメ、ニジマス等の大物が期待できます。

■支流

支流は本流に流れ込む川で、上流へ行くにつれ川幅は狭まり水量も少なって源流へと山奥へ入って行きます。

本流に流れ込む出合いから、集落の中を流れる通称「里川」では漁業組合でヤマメやイワナの放流が盛んに行われていて比較的釣り易い場所が多く、初心者やのんびり釣りを楽しみたい人には最適な場所かと思われます。

■源流

人里を離れ山奥に入って行くと、落差が増し滝やゴーロが連なる山岳地帯となり、原流域に入って行きます。

それなりの装備も必要となり登山経験のない素人の遡行は難しくなってきます。

漁業組合での放流は無く、自然繁殖する天然岩魚の領域となっている為、保護する禁漁区域もあります。

しかし上流志向の釣り人も多く、乱獲により天然魚が激減しているようですが、貴重な天然資源を絶やさないように守っていくのも釣り人の使命です。  
????

■湖沼

湖沼ではボート釣りや湖畔からの釣りになります。

釣り方もリールを使った投げ釣りやぶっ込み釣りでの餌釣りや、ルアーやフライフィッシングなどいろいろです。

魚種もイワナ、ニジマス、ヒメマス、トラウト等、場所によっていろいろで超大物が釣れるようです。??

■管理釣り場

その他にファミリーで手軽に楽しめる管理釣り場があります。

釣り場によっては渓流タイプと池のタイプが有って、釣り方も餌釣り、ルアー、フライに分かれています。

魚種はイワナ、ヤマメ、ニジマス、等が釣れ、その場で調理して食べられる施設もあり、普段の服装で遊びながら楽しめます。

引用元-渓流釣り講座

渓流釣りのターゲット

渓流に住む魚を釣るのが渓流釣りで、代表的な魚はイワナ、ヤマメ、アマゴになります。
特にイワナは日本で一番高い所に住む魚です。

イワナの生息域ぐらいになると、源流と呼ばれる場所もあります。

この魚達は昔からずっと渓流で生息してきました。

その姿は非常に美しく、これが釣り人を魅了するのです。

この魚にとりつかれ、渓流へ足を運ぶ人は多いと思います。

また、食べ味もすばらしい物があります。

個人的な意見ですが特に塩焼きにして食べた場合、これほどおいしい魚はないと思うぐらいです。

渓流釣りは自然と密接な関係にあります。

人の手が入らない自然の川だから魚は生きているのです。

その魚を釣るには、自分が自然の中に入らなければなりません。

魚を釣るだけでなく、自然とふれあうことも必要です。

それが渓流釣りなのです。

引用元-渓流釣りを知らない人へ

twitterの反応


https://twitter.com/s_152/status/708300565516660737

 - 趣味

ページ
上部へ