これぞ晴天のヘキレキ

犬小屋の「蚊」をなんとかしたい!!

      2017/02/07

どうしても犬を外で飼わなくてはいけない場合、衛生環境には十分気をつけていると思ってもが、避けられないのが、蚊の存在だ。

殺虫成分がきついものは、犬にとっても危険なもの。

また、私たちの耳には聞こえない微妙な音波も、犬にとっては耐え難いストレスとなるのだそうだ。

安全に蚊を寄せ付けない方法はあるのだろうか。

蚊を媒介にしてかかる犬の恐ろしい病気の原因と、その対処法について、備忘録。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


Q.犬小屋の蚊を駆除するアイテムは何が良いですか?

うちのワンちゃん去年フィラリアに感染しちゃって・・・。

幸い大事には至りませんでしたが、今年はきちんと対策をしなくてはと思ってます。

いろいろ探しているのですがみなさんはどうしているのか教えてください。

現在、
1.蚊よけランプ
2.アースノーマットペット用
3.バポナ

を考えていますが、それぞれの効果はどんなもんでしょう?

室外犬なので犬小屋は外。コンセントはすぐ近くに有。です。

引用元-犬小屋の「蚊」対策どうしてます? – その他(ペット) | 【OKWAVE】

A.私が思う、犬小屋の蚊の対策より薬の服用

ご心配なお気持ちはすごくよくわかりますが、フィラリアのお薬を毎月必ず忘れずに飲ませていれば、100%かからないと思って大丈夫です。

ですので、そこまで神経質に蚊の対策をする必要はないかと思います。

実家の犬は蚊よけなどはまったくしていませんが、7才になったいまも、当然ですがフィラリアに感染はしていません。(予防薬は飲んでいます)

それよりも毎月のお薬を忘れずに!

ちなみに、蚊が出なくなって1ヶ月後まで飲ませます。

ということで、こちらは九州、12月まで飲ませています。

引用元-犬小屋の「蚊」対策どうしてます? – その他(ペット) 解決済 | 教えて!goo

犬小屋の近くにハーブをおいて蚊を遠ざける

レモングラスは、蚊をよける作用があります。

レモングラスのアロマオイルを買ってきて、水で薄めて、スプレーをつくります。

毎朝、うちのわんこの体にシュッシュしてあげています。

もちろん、フィラリア投与もしてます。

アロマスプレーは、かよけになりますよ。濃い目でつくってあげてます。

引用元-庭(外)で犬を飼ってる方、蚊対策どうしてますか? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

蚊が媒介するフィラリアの症状

犬が蚊に刺されるとフィラリア症に感染する危険性も高まってきます。

このフィラリアは、犬の心臓(右心房)と肺動脈を最終的な住みかとし、獣医さんに採血してもらうことによって、陽性か陰性かを判断します。

陰性の場合は、獣医さんから薬を処方してもらって、予防しますが、陽性の場合は治療が必要になります。

またフィラリア症とは、寄生虫の一種であるフィラリアによって引き起こされる症状をいい、慢性フィラリア症と急性フィラリア症があります。

慢性フィラリア症は、咳、 息切れ、散歩を嫌がる、肝臓や腎臓の障害、腹水、水を異常にほしがる、 四肢のむくみ等の症状が出ます。

急性フィラリア症は、大静脈症候群,赤褐色の尿、元気が無くなる、黄疸、呼吸困難などの症状がでて、放置すると死んでしまいますので、すぐに獣医さんの診察を受けてください。

引用元-犬の蚊よけ対策はフィラリア予防に! | Topics Now

犬のフィラリア症の原因と仕組み

☆蚊の刺咬(しこう)

フィラリアの幼虫であるミクロフィラリアを含んだ蚊が犬を刺すことで感染します。

フィラリアは犬糸条虫(いぬしじょうちゅう)とも呼ばれる、体調12~13cmの細長い寄生虫です。

トウゴウヤブカ、コガタアカイエカ、ヒトスジシマカなどの蚊が媒介(ばいかい)します。

フィラリアは犬の体内で交尾するとミクロフィラリアと呼ばれる幼虫を犬の血液中に産み落とします。

このミクロフィラリアは体内では成長できず、血液中を回って蚊に吸われるのを待ちます。

蚊に吸われたミクロフィラリアは蚊の体内で二度脱皮して成長し、この蚊が犬を刺すことでその傷からミクロフィラリアが感染します。

犬の体内に侵入したミクロフィラリアは皮下組織や筋肉の中で2~3ヶ月かけて成長しながら心臓の右心室にたどり着き、最終的には心臓(主に右心系)や肺動脈に寄生します。

そこでさらに成長を続け、3~4ヵ月後に成虫となる、というのがフィラリアのライフサイクルです。

ちなみにフィラリア成虫は、犬の心臓内で5~6年生きるといわれています。

☆屋外飼育

室内犬に比べて屋外にいる犬のほうが、蚊に刺される可能性が高くなり、それだけフィラリアに感染する危険性も高くなります。

ですから屋外飼育自体が、フィラリア症の間接的な原因ともいえるでしょう。

引用元-犬のフィラリア症~症状・原因から治療・予防法まで犬の寄生虫症を知る

蚊が増える原因

水たまり

庭に水たまりが出来ていてもそのうち乾燥して無くなるものですが、意外と放置されてしまいがちなのが「バケツなどの容器に溜まった汚水」です。

汚水は衛生的に良くないだけでなく、夏場は蚊の発生源となりフィラリア症を助長しかねませんので見つけたら早い段階で処理し、なるべく雨水などが溜まらないように配慮してください。

安全対策をしているようで実は危険がいっぱいだったりする庭環境。

引用元-第63回 屋外で犬を飼おう! vol.3|山中一馬どうぶつ法務事務所|ステップハウス.JP

温暖化で増えた蚊をよりつけなくするおすすめのハーブ

近年は温暖化により10月頃まで蚊がいるところが多いので、蚊に刺されてから皮膚の中か筋肉で2~3ヶ月成長を続けた後、血液に侵入し心臓へと向かって行く事を考えると、最低でも12月まで続ける必要があります。

もし感染した後に、この予防薬を接種してしまった場合、血液中に散乱しているミクロフィラリア(フィラリア寄生虫の赤ちゃん)や心臓で成長したフィラリアが死亡し、その死骸が血液の流れを止めてしまい死に至ることもありますので注意してください。

感染してしまっている場合は、専用の薬がありますし手術が必要な場合もありますので、動物病院の獣医とよく相談して治療に当たってください。

ご家庭で、ガーデニングをしている人は、蚊がよりつかないハーブの1種で「ハーブゼラニューム」や「蚊蓮草(カレンソウ)」と言う草があります。

宿根草なので、うまく育てるとどんどん増えるらしいですし、効果も大きいようです。

ただ、あまり量が少ないと、効果も少ないようですので、一鉢程度では効果は無いようです。

引用元-フィラリア対策 【犬のしつけ飼い方ペット生活便利帳】

twitterの反応

 - 犬 猫 魚 ペット

ページ
上部へ