これぞ晴天のヘキレキ

事故がおきた時の裁判の費用はどのくらい?

      2017/02/07

事故がおきた時の裁判の費用はどのくらい?

ある日突然起きるのが事故。

万が一、自分の身には起きないと思っている人が多いから

いざの時の心構えなんて、できていないのが当たり前。

命が助かったとしても、どう対応するかで、

その後の保険金や保障内容が全く異なります。

日ごろから、色々なケースを知っておくことが何よりの予防です。

今回は、事故の裁判にかかる費用や種類についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


Q.交通事故の裁判で弁護士費用が無料の場合もありますか?

交通事故の示談、弁護士について教えてください。いつもお世話になっています。

旦那が車の交通事故の被害者です。

約4ヶ月の通院ももうすぐ終わるのでそろそろ示談だと思うのですが、示談金に納得がいかない場合は弁護士さんに入ってもらおうと考えています。

保険に弁護士特約?というものがついているそうなのですが、この特約を使えば無料で弁護士さんに依頼できるのでしょうか?

引用元-交通事故の示談、弁護士について教えてください。いつもお世話… – Yahoo!知恵袋

A.一般的な回答。交通事故裁判で、弁護士費用特例について

弁護士費用特約について

弁護士費用特約とは、自分の加入している保険会社が弁護士にかかる費用を出してくれるという特約です。

すなわち、交通事故で被害を受け、示談交渉や訴訟でかかった弁護士費用を保険会社が支払ってくれるということです。

弁護士費用特約のポイントは以下のようになっています。

弁護士費用特約のポイント
・自分の加入している保険会社に請求
・一般的な限度額は300万円まで

交通事故の被害者として事故に巻き込まれた場合、自分が任意保険に入っていたとしても、自分に全く過失がない完全な被害者のケースでは、その任意保険会社に示談交渉をしてもらえないこともあります(約款や商品の内容によります)。

また、一般的に、加害者が明らかに100%悪い場合、特に紛争にならず解決することがほとんどです。

しかし、相手側が全面的に悪いにもかかわらず自らの責任を認めなかったりして、適正な損害賠償を受けられない場合もあります。

そのような場合は、弁護士に依頼する必要があります。その費用を支払ってくれるというのが弁護士費用特約です。

一般的な弁護士費用特約は、「弁護士、司法書士、行政書士への報酬や訴訟に要する費用を、300万円を限度に支払う」という特約であり、損害賠償を請求する訴訟費用や示談交渉をお願いする弁護士費用などを補償してくれるというわけです。

交通事故被害に遭ってしまったら、弁護士費用特約がついているかどうか、ご自身の保険についても調べておきましょう。

この特約が付いていれば、弁護士費用を心配することなく適正な損害賠償の請求を専門家に任せることができますね。

引用元-交通事故の弁護士費用|法律事務所オーセンス

交通事故は示談になることが多い

交通事故で損害賠償請求訴訟になるケースは全体の1割もありません。

多くが示談交渉で解決しており、示談が上手くいかない場合でも交通事故紛争処理センターなどによる示談の斡旋や、民事調停で解決することが多いです。

ただ、飲酒運転や無免許運転、重大な交通違反がある事故では、損害賠償額が高額になることもあり、訴訟にまで発展することがあります。

訴訟になった場合には弁護士が必要になります。その前の示談交渉が上手くいかない段階で弁護士に相談するのが一般的です。

示談交渉では保険会社との交渉が多いですが、保険会社が提示してくる損害賠償額は、自賠責保険基準や任意保険基準などの低い額になっている事が多く、訴訟になった場合には、過去の判例などを元にした弁護士会基準で決まる可能性が高くなります。

引用元-交通事故の訴訟・裁判 | はじめて自動車保険

交通事故の裁判の場合、弁護士の費用の種類は?

交通事故事件を弁護士に依頼した際にかかる費用の種類は?

(1)相談料

弁護士に正式に依頼する前に、弁護士に交通事故事件について相談する費用です。

(2)着手金

弁護士が事件に着手するためにかかる費用です。

一般的には、着手金を支払ってからでないと弁護士は事件に着手しません。

事件処理の結果に不満があったとしても、また、依頼者が途中で弁護士を解任したとしても、原則として支払った着手金は返ってきません。

着手金は、相手方に対していくらの請求をするのかによって金額が変わってくるのが通常です。

事故が起きて間もない段階で依頼したときは、損害額がはっきりしませんので、その段階で分かっている事情をもとに損害の見込み額を割り出し、それを基準に着手金を定めます。

(3)成功報酬

事件終了時点で弁護士に支払う費用です。

相手方から実際に得られた賠償額によって報酬金は変わってきます。

通常、慰謝料等の賠償金は相手方から一旦弁護士の銀行口座に振り込まれますので、そこから成功報酬を差し引いた金額が依頼者の手元に支払われることになります。

(4)日当

弁護士が事務所を離れて事件に対応した場合に支払う費用です。

事故現場に調査に出向いたり、裁判所に出頭した場合などに支払う必要があります。

所要時間によっては日当が発生しないこともありますし、半日かかるのか丸一日かかるのかによっても金額は違ってきます。

日当は、(3)と同様に相手方から支払われた賠償金から差し引かれることが多いのですが、月ごとに計算して請求されることもあります。

(5)実費

弁護士が事務所を離れて移動した場合の交通費、依頼者や相手方への郵便物を送付した場合の切手代、お金を振り込む際の振込手数料等です。

書面を作成した場合の一枚一枚の用紙代を実費として請求されることもあります。

(6)消費税

(5)の実費以外には消費税が別途かかります。

引用元-交通事故の弁護士費用の相場は?

医療事故調査制度について

2015年10月から医療事故調査制度がスタートしました。

すべての病院、診療所は、患者が死亡するような医療事故が起こったとき、第三者機関の「医療事故調査・支援センター」へ報告しなければならなくなったわけです。

届け出対象となる医療事故は、「医療に起因すると疑われる予期しない死亡・死産」と定義されています。

この制度の目的は、医療事故の原因や背景を第三者機関が調査してそれを取りまとめた情報を公開し、事故の再発防止を図ることです。

医療界では、この制度のスタートによって医療訴訟が増えるのではないかと危惧する声があります。

一方で、遺族が調査を依頼できるのは、医療機関自身が医療事故調査・支援センターに届け出た事例に限られるため、医療被害者の支援者からは、「遺族や医療事故被害者のための制度ではない」との批判も出ています。

しかし、私自身は、この制度は、患者さんにとってメリットの大きい制度だと考えています。

なぜなら、この制度は、医師側が積極的に患者との信頼関係を築くことが前提になっているからです。

例えば、心臓外科手術を受ける患者や家族への説明の際に、「高齢のため何が起こるか分かりません」「一定の確率で死亡するリスクがあります」といったあいまいな表現でのインフォームド・コンセント(説明と同意:IC)は許されないことになっています。

そういうあいまいな説明をしただけで手術を行い、もしも患者が死亡したら、それは「予期しない死」であり、医療事故として届け出ないといけないということです。

引用元-なぜ医療事故はなくならないのか (プレジデント) – Yahoo!ニュース

個人で原発事故に対して裁判をおこした場合の費用

裁判を起こすには訴状という書類を書いて、請求額に応じた収入印紙をはって、裁判所用と相手方用に2部コピーを作って、あとは切手を添付するか郵送料を払いこんで裁判所に提出します(ちなみに郵送料は6千円ぐらいかかりますが、余れば裁判が終わった時に返してもらえます)。

提出する裁判所は、地域と訴える金額によります。

私の場合は、訴える金額(訴額と言います)が10万円で、東京渋谷区在住なので東京簡易裁判所に提出しました。(現在は東京地方裁判所に移送されています)

引用元-個人で東電を訴えてます   -i Sue TEPCO-

認知症患者が事故をおこした場合の裁判について

まず、高齢者が起こした事件のうち、認知症でない場合は本人が責任を負うので、たとえ本人に金銭的な賠償が難しい場合でも、配偶者やその他の家族、入居する介護施設運営者が責任を負うことはありません。

つまり、本人に賠償能力がなければ、法的な責任は追及されても、被害者は事実上賠償を受けることができないのです。

それに対し、認知症患者の場合は民事上の責任無能力者と判断される可能性が高く、民法713条の規定によって、本人は民事上の賠償責任を負いません。

その場合、民法714条によって、本人を監督する義務がある者は、監督義務を怠っていない場合でない限り、損害賠償責任を代わりに負うことになります。

引用元-鉄道事故で認知症高齢者が8年間に100人以上も死亡…。増加の一途を辿る事故や事件の、賠償責任の行方やいかに!?|みんなの介護ニュース

twitterの反応

 - 経済

ページ
上部へ