これぞ晴天のヘキレキ

床暖房を使うならガスと電気はどっちがお得?

      2017/02/07

床暖房を使うならガスと電気はどっちがお得?

寒い冬、暖房器具は何をお使いですか?

小さなお子さんがいるお家なら床暖房が安全でおすすめです。

床暖房も電気式・ガス式とでは違う点がいくつかあります。

では電気式とガス式ではどちらがお得なのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


電気式・ガス式床暖房の様々な視点での選び方

エネルギー効率という視点から

ガス温水式床暖房では、水を温水にする際のボイラーでのエネルギーロス(ボイラーロス)、ボイラーから配管を通って床下に入るまでのエネルギーロス(配管ロス)があります。

電気式は床下ではじめて熱を発生させるため、エネルギーロスがかなり少なくなります。またCO2の排出も抑えることができます。

施工品質という視点から

ガス温水式床暖房は床下に温水用の配管を敷設しますが、配管工事は施工業者の技術によっては水漏れなど仕上がりにバラつきが出ます。

ガス温水式床暖房と比較して工事が簡単な電気式床暖房は一定の品質を満たして施工しやすいというメリットがあります。

ランニングコストは部屋の広さと使う時間しだい

昼間電力を使うタイプの場合、ランニングコストは深夜電力やガスに比べて割高になります。

しかし、初期費用とランニングコストを合わせて考えてみたとき、10~12帖のリビングという一番多いケースでシミュレーションしてみると、ほとんど差が出ないと言えます(熱効率を高めた電力使用量が少ない床暖房製品を使う場合)。

昼間電力式床暖房は気軽に設置できる

リフォームの場合、 昼間電力式床暖房は既存の床の上に敷設することが簡単というメリットがあります(ただし、床の高さは2センチ程度上がります)。

店舗などテナントビルで床暖房を導入する場合は床を剥がしたり、ガスボイラーを設置できないことが多いので、やはり昼間電力式床暖房がよく用いられます。

引用元-床暖房の選び方:電気式床暖房・ガス温水式床暖房の比較|床暖房のアオキ(東京都八王子市)

床暖房は電気とガスだとどちらがお得?

家を建てるときにオール電化にするなら、床暖房も電気ヒーター式となります。

エコキュートなどを設置して深夜電力を利用すれば、電気代は割安になります。

しかし、深夜電力を利用する料金プランは、共働きの夫婦で子供が昼間学校などで家にいない家庭ならばメリットは大きいですが、夏休みや冬休みなどまたはお年寄りが昼間家にいる場合は、日中の電気代は割高になるのであまりメリットはありません。

一方、ガスの場合、ガス会社やお住まいの地域にもよりますが、24時間料金は変わらず、たくさん使うほど安くなるプランがほとんどのようです。

エコウィルの導入などでさらにガス代が安くなったりします。

ただし、都市ガスとLPGガスでは料金が違うので注意が必要です。

耐久性についても温水循環式(ガス)の方が長いようです。

さて本題の気になるランニングコストですが、例えば、1部屋だけ床暖房を設置するのであれば電気ヒーター式のほうが安いのですが、設置する部屋数が多かったり、面積が広い場合は温水循環式のほうがランニングコストは安くなります。

6畳で毎日10時間使用した場合
・電気ヒーター式:6500円
・温水循環式:4000円

床暖房を設置する前によく検討したほうがよさそうですね。

また、オール電化のメリット、デメリットもちゃんと納得したうえで設計をしたほうがいいです。

余談になりますが、オール電化だと台所のコンロはIHですね。

料理をしっかりする人はガスの火力を見ながら火加減を調整するという行為がなくなるのでなんだか寂しい…なんて声もありますし、ガスファンヒーターは瞬時に(ほんとに5秒)で暖かくなるのでエアコンよりも重宝します。

引用元-床暖房の電気代はエアコンと比較したら?つけっぱなしは?ガス代とどっちがお得? | 暮らしの便利情報まとめ

考えた結果床暖房をガスより電気にした理由

マンションのリビングにあるガス式床暖房は、メモリが強弱などのスケールになっています。

“強弱なので、温度が設定できません!”

つまり、熱すぎたりするのですが、少し温度を下げるということが難しいのです。

“微調整ができない、といっても過言ではありません。”

秋の終わりや、春先などは温度が微妙ですから、その時期に床暖房が熱いと感じることが多くあります。

このときに、

“温度が設定できたり微調整ができたらいいのになぁ”

と何度となくおもったことがあります。

この経験からガスは立ち上がりは早いものの、その分だけ調整が効かない経験で、我が家はガスが却下になりました。

引用元-床暖房はガス式か?電気式か? ~ガス併用でも電気式にした理由 – 一条工務店のi-smart(アイスマート)で注文住宅を建てるブログ(間取り・床暖房・評判・口コミ・オプション・坪単価・外観・新築・ハウスメーカー)

床暖房を使っている人の満足度は高い

床暖房が本当に必要なのかとお悩みではないですか?

・頭寒足熱なので、足元から暖まり、リビングや子供部屋に最適です。

・冷え性の方や年配の方が足冷えしないとよろこんでいます。

・ヒーターやエアコンのように風を起こさない床暖房はお肌を乾燥させません。

・ヒーターやエアコンの風が苦手な方にやさしい温かさです。

・暖かい空気は下にたまるので足元が暖かいのでやはり体感温度が違います。

・空気の汚れややけどやにおいの心配もなく、子供やお年寄りペットを飼われている方でも安心!

・寒い中ファンヒーターの灯油をタンクに入れる作業がなくなったのがうれしい!
?

実際に床暖房を導入されている方は、上記のようなメリットを感じています。

?

床暖房を導入された方の満足度は非常に高いのが特徴です。

床暖房を工事するには、工事業者に木造か鉄筋なのか?フローリングやシート類などの種類や厚みなど正しい知識をもっているかということを確かめなくてはいけません。

生活習慣を考えずに営業してくる会社やある特定のメーカー製品ばかりをすすめてくる業者には満足度の高い工事は難しいとおもいます。

引用元-床暖房の電気とガスのメリットとデメリットやコストなどの比較-福岡市の航工房

暖房に使われるエネルギーのメリット・デメリット

電気

家庭における主要なエネルギー源の一つです。

オール電化住宅の場合にはこの電気のみが家庭のエネルギーとなっているはずです。

エネルギー別の比較では暖房にとって最も非効率なエネルギーとされましたが、ヒートポンプ技術の登場により、場合によっては最も効率的な暖房源ともなります。
>>電気と暖房についてもっと詳しく見る

?

灯油

灯油は寒冷地では特におなじみのエネルギー源の一つではないでしょうか?

石油ストーブや石油ファンヒーターなど家庭における主要な暖房器具のエネルギーとして利用され、エネルギー別の比較で見ても効率の高さがが目立ちます。

一方で、エネルギー確保の面でデメリットがあります。
>>灯油と暖房についてもっと詳しく見る

?

ガス

ガスとひとくくりにしていますが、大きく都市ガスとLPガスに分類されます。

また、それぞれの違いにより性質にも大きな違いがあります。ここでは、都市ガスを中心に解説しますが、都市ガスとLPガスの違いも一緒に説明します。
>>ガスと暖房についてもっと詳しく見る

引用元-暖房に使うエネルギー源と光熱費比較

twitterの反応


https://twitter.com/murasakinoyuki/status/714835171845890048

 - 経済・ニュース

ページ
上部へ