これぞ晴天のヘキレキ

新聞を契約するともらえるサービスって選択できる?

      2017/02/07

新聞を契約するともらえるサービスって選択できる?

新聞の契約時にサービスでくれる品。無論、サービスだけど期待しちゃうもの。

頼み方や頼む相手の立場でそのサービスが違ってしまっては損をする?

新聞の契約時の注意点や損得を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


新聞の契約の際のサービスってどんなものがあるの?

私たち新聞販売店の人間が「拡材」「拡材」と呼んでいるものがあります。

これは短縮言葉。正確に言うと「拡張(営業)材料」という言葉。

間を省いて「拡材」「拡材」と呼んでいます。

では、その拡材とは何ぞや!といいますと、つまり「景品、サービス品」のことになります。

具体的に云うとどういうものがあるのか・・・というと

・洗剤

・ビール

・ビール券

・商品券

・タオル・バスタオル

・カップ麺

・トイレットペーパー

・台所洗剤

・家電製品

・チケット・入場券

・無代紙

ほんの一例です。

それぞれ各都道府県、各市町村の販売店エリアの販売環境に影響されてきます。

大したサービスもしていないエリアから、無代紙と長期契約の定着しているエリア、大型の家電製品の飛び交っているエリア、短期契約と洗剤などの手軽な景品が中心のエリア・・・。本当に様々な状況です。

新聞販売店は、新聞の購読契約 ( 平成○○年9月から平成○×年8月までの購読を約束してもらう ) のお礼として、様々な景品をサービスとして提供しています。

“新聞購読してもらうお礼に景品を渡す”という販売スタイルは、現在のほとんどの新聞が創刊した明治の時代から続くもので長い歴史があります。

引用元-拡材とは:新聞の定期購読を考える会

サービス品もらってしまったけど、新聞の契約を引っ越しが理由で解除できる?

引越しに伴い新聞契約の解約を考えている場合にはなるべく早く連絡し、引越し日まで新聞が必要ではない場合(○日までで終了したいです)という意思表示をしっかりとしましょう。

契約時の書類を持っていない場合、何処に連絡すれば良いのかわからなくなる事も多いです。

新聞販売所にはアルバイトの方も出入りが多く、電話に出た人がアルバイトだったりという場合が少なくありません。

電話口で解約する旨を伝える事が殆どですが、契約停止日以降も新聞が配達される例も多いので、できれば書面など発行してもらうと良いでしょう。

新聞は途中解約の場合日割計算が殆どですので、引越し前に料金の清算を忘れないようにしましょう。

引越しを機に新聞契約を解除する方は割と多いです。

しかし知らない土地に引越しをする場合には、スーパーのチラシは生活する上でわりと役に立ちますので、広告目当てに引越し先でも数ヶ月購読するのが理想です。

引用元-新聞契約の解約

新聞を契約する際のサービスも関係する?景品表示法

「景品表示法」〔正式名称:不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号)〕は、消費者の方々が安心して良い商品やサービスを、自主的かつ合理的に選べる環境を守るために作られた法律です。

制定されたきっかけは、昭和35年に起きた<ニセ牛缶事件>です。

牛肉の缶詰を購入した主婦が、缶詰の中にハエが入っていたと保健所に持ち込みました。
保健所で検査した結果、缶詰の中身が牛肉ではなく、馬肉や鯨肉だったという<食品偽造>の事件でした。

また、その当時、チューイングガムの購入で1000万円が当たるといった<過大な景品付>などの問題も背景になっています。

一般消費者の利益を守るための法律「景品表示法」では、

商品やサービスの品質、内容、価格などを偽って表示を行う【不当な表示(優良誤認・有利誤認)の禁止】での厳しい規制や、

提供サービスに見合わない【過大な景品類の提供の禁止】での景品類の最高額・総額を制限し、不当な顧客誘引の防止を目的に禁止規制をひいています。

引用元-【景品表示法とは?】広告違反のリスクを避ける4つのポイント

週末だけ新聞を読みたい。そんな契約ってある?

「どの新聞社も、ほぼ同じと思った方が良いので、、全国紙での購読希望」を前提に、回答しますが…

「会社を開いてる等、希望する理由によっては「事前に、相談して契約して貰うなら、

「契約期間を、最低一年間とする」等、条件付く場合あるが特定の曜日だけ、配達するの
は可能とする」新聞社と言うか受け持ちの販売店が、地域に限らず幾つかある模様」です。

よって…

「受け持ちの営業店不明なら、電話で「希望する新聞社の、大阪本社のお客様相談担当部署」へ連絡して相談し、受け持ちの営業店を紹介して貰う。

その営業店と連絡付いたら、担当の従業員(店員)さんと相談し、「契約して、購読するのはOK」と言う回答受けたら、契約して配達を手配して貰った方が良い

(ネット接続のパソコンあれば、希望する新聞社へ公式H.P経由で、問合せするのは可能)」

引用元-毎週、金土日の3日だけ新聞(朝刊)を取りたいのですが、そういう… – Yahoo!知恵袋

曜日によって新聞の折り込みチラシが入る業種、偏ってない?

月曜日に多い新聞折込チラシの特徴

月曜日は、休み明けで仕事の始まりという方が多いはずです。そのため、特に男性の集客や認知は難しいと考えられます。

女性にとっても同様、たとえ主婦でも、月曜日は一息つきたい方が多いため、折込チラシの枚数は少ない傾向があります。

よくある折込チラシは、週初のセールイベントを告知したスーパーや、休日に子どもの相手をしたことで思い出しやすい学習塾などです。

反対に、折込チラシが少ないということは、ライバルが少ないということでもあります。ターゲットを主婦層に絞った商売、また、土日まで息の長いお知らせが効果的な商売はチャンスかもしれません。

美容、健康、通販、旅行、求人などの広告は狙い目です。

火曜日に多い新聞折込チラシの特徴

火曜日は、週中の始まりであるため、平日では一番折込チラシが多くなる傾向があります。

メインはスーパーです。スーパーのセールは、火曜日、水曜日、木曜日が多く、2日連続、3日連続セールということも珍しくありません。

また、月曜日は祭日が多いため、年間スケジュールを作成すると、火曜日を中心にセール情報を宣伝する方が効率が良いと考えられています。

百貨店、ドラッグストア、家具屋、雑貨屋、ホームセンターなどのチラシも多く折り込まれています。

引用元-販促効果を高める曜日別新聞折込チラシの特徴

twitterの反応


https://twitter.com/NATO_JAPAN/status/713971012975484929


https://twitter.com/charotaro/status/688758028103909377

 - 経済・ニュース

ページ
上部へ