これぞ晴天のヘキレキ

水槽をリセットしたら金魚はどうなる!?

   

金魚が病気になったからといって、水槽の中を何もかも掃除して取り除いてしまっては

いけないような気がします。

でも、病気が蔓延するようだったらリセットした方がいいの?

微生物たちの活躍があるから健康でいられたりもします。

今回は、水槽をリセットすることが金魚にとって良いのか悪いのかを、備忘録。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


Q.病気の金魚が出たら、水槽をリセットした方がよいですか?

以前、水槽内で病気(白点病)の金魚が出てしまい、昨夜★になってしまいました。

私としてはこの水槽をまだまだ使いたいのですが病気が感染しないかと心配で使えません。

水槽に入れているもの(ヒーター、エアストーン、フィルター)等も消毒したいのですがこれも水槽同様消毒法が分からないです。

どなたか教えてください。よろしくお願いします。

引用元-病気が発生した水槽の消毒方法 – その他(ペット) | 【OKWAVE】

A.私が思う、金魚の状態によって水槽のリセットは必要なし

よく消毒、ということが今でも言われているようですけれど、本当は不要なようです。

消毒した方が良い病気もありますが、白点病は本当に不要です。

病気発生直後の水槽に健康なお魚を、丁寧な水合わせをしても、入れてしまった場合は、白点虫が多すぎる為、白点病を発症してしまうようです。

ただ、病魚を除いて一定期間フィルターを回しておけば、そのままの飼育水で大丈夫です。

それはトリートメントタンクから戻した(病気の治った)病魚でも、です。

気持ちが悪いという場合は、水換えをすれば良いと思いますが、いわゆる消毒は、白点病の場合は、全く要りません。

逆に、それまでのこなれた水を捨ててしまうことになり、新規に水を作りなおさなければなりませんので、下手をしますと、かえって白点病等を招きかねないと思います。

飼育水もそうですので、器具類は全く消毒不要です。
白点病の場合は、ですけれど。

既に出ていますけれど、一般的に手に入りやすい消毒薬の類で、最も殺菌範囲の広いのは塩素系漂白剤です。

必要があって塩素系を使う場合は、100倍程度で充分だと思います。

その後良く洗い、人によりましてはカルキ抜き(ハイポやコントラコロライン)を入れて、何度か水を換え、すすぐようです。
更に天日干ししましたら、その後は何の心配も要らないはずです。

ただ、白点病の場合は、こうした手順は要りません。

そのままフィルターを回しておかれて、せいぜい水換えをなさる程度で充分です。

全換水や器具の消毒は、完全な水槽のリセットになってしまい、またそこから金魚を入れられるようになるまで、パイロットフィッシュを導入しましても、
1ヶ月近くかかることになります。

引用元-病気が発生した水槽の消毒方法 – その他(ペット) 解決済 | 教えて!goo

金魚の水槽をリセットしても良い場合

寄生虫が原因の病気が繰り返される場合はリセットも有

尾ぐされ病などの細菌性の病気はリセットのする必要はありません。

しかし、寄生虫の病気が繰り返される場合はリセットしても良いでしょう。

白点病はヒーターで温度を30度近くまで上げてしまえば暑さで金魚から落ちて死ぬのでリセットは必要ありません。

購入時の対策で、寄生虫の侵入は防げる

寄生虫の多くは、新しく購入して水槽に入れた金魚に付いて来る事が多く殆どは外部から持ち込まれるモノです。

購入した金魚はバケツなどでの養生・トリートメントした後に水槽に入れると水槽での寄生虫の発生を防げるのではないかと思います。

引用元-病気が発生した金魚を飼育している水槽のリセットは必要か

金魚を隔離して薬浴させる理由

白点病に掛かっていない金魚を含めて全数を薬浴する場合は隔離の必要なし。

別水槽に移さず、本水槽で薬浴をすれば、水槽ごと消毒が可能。

しかし念入りに消毒をしても、白点病の原因となる原生動物は常に水槽内に常駐します。

隔離薬浴は、本水槽のバクテリアを温存するために行うことであって、バクテリアも死滅させる消毒を行うことを最初から実行するのなら、金魚の負担となるような別水槽に移すようなことはするべきではありません。

少し冷静になれば水槽リセットや日光消毒が全くの無駄な労力と理解できるはずですが・・・・

どこで白点病時に水槽のリセットや消毒をすすめる情報があったかは知りませんが、そこの情報を正しいと思うなら、さらに追求して調べれば良いのでは?

雪が降っていても必ず晴天になる日が来るわけですから、その日まで待って日光消毒が可能と考えますが・・・

念には念と考えるなら水槽・底砂・フィルター全て新品にすればどうですか。

引用元-水槽のリセットについてつい先程、金魚に白点病を見付けたので、別水槽… – Yahoo!知恵袋

水槽には名も知れぬ重要なバクテリアがたくさんいる

あまり知られていませんが、水槽に増えるバクテリアはアンモニアや亜硝酸塩を分解するバクテリア以外に何百、何千、何万(実際どれくらい居るかは判明していないそうです。

この記事投稿までにおよその数字を探そうとしましたが見つけられませんでした。)という種類のものがその環境に応じて徐々に発生し水槽ごとにDNAや指紋のように違う組みあわせのバクテリア群が微妙なバランスを取りながら刻々と温度変化や水質変化に合わせて入れ替わっているんです。

ですので立ち上げ直後はバクテリアの数だけでなく バクテリアの種類が少ないのでとても不安定ですが時間の経過と共に 徐々にいろいろな種類の物が発生し問題を解決してくれたり、2次的、3次的にメインのバクテリアの仕事をサポートしてくれます。

突然ですが、漬物を漬ける ぬかどこ がこの水槽と同じです。 

その家によってその家の味がある、毎日かき混ぜて酸素を送る、そのかき混ぜる人の手に付いているバクテリアでぬかどこのバクテリアも変化し味が変わる、作りたてはとげがあるけど徐々にマイルドになる・・・など

他にも老舗のうなぎ屋さんの秘伝のたれ(創業当時から毎日新しいたれを足して混ぜて熟成していく) など、食品関連では歴史的に昔からこのバクテリアの熟成を上手に利用しているケースがあります。

引用元-バクテリアのウソホント:クアランティン・・・リセットをしない為に | 金魚部

なぜ水槽をリセットしない方がよいのか

水槽に治療薬や塩を投入するか、もしくはリセットしてしまうという方法では、確実に濾過バクテリアに大ダメージを与えることになってしまいます。

バクテリアが居なくなった水槽では、アンモニア(猛毒)→亜硝酸(猛毒)→硝酸塩(ほぼ無毒)という分解がなされる(生物濾過)機能が失われますから、それまでと同じように金魚を入れて同じようにエサを与えていたのでは、水槽の中の有害な物質(アンモニアor亜硝酸)の濃度が高くなってしまいます。

このような状態が続きますと、金魚は有害物質によって肉体的、精神的ストレスを受けて弱ってしまい、その結果、病原虫や細菌の寄生を許してしまいやすくなると考えられます。

また、水槽自体の微生物環境という面から考えてみても、普通なら濾過バクテリアを主体に様々な微生物がバランスが保たれた状態で存在しているはずだと思いますが、リセット後の水槽の中では、濾過バクテリアほかの各種バクテリアが激減し、水槽内の微生物バランスが崩れてしまっていると考えられないでしょうか?

そういう状況下においては、微生物環境がとても不安定で、金魚に対して病原性のある菌や微生物が、増殖しやすい環境になってしまうと考えられます。

これは、ちょうど何年か前のO-157による中毒事件が頻繁した状況に似ていると思います。自然な状態では様々な種類の雑菌が生存競争でしのぎを削っており、特定の病原菌が激増するということは考えられません。

ところが当時を振り返ってみますと、調理場等で中途半端に殺菌ということを徹底しすぎたため、調理器具等が一端無菌の状態になり、そこへO-157等の病原性細菌が何らかの要因で入り込み、無菌状態(敵が居ない状態)で激増し、食中毒事件を起こしたということが言われています。

引用元-語り部(第6話)

twitterの反応

 - 犬 猫 魚 ペット

ページ
上部へ