これぞ晴天のヘキレキ

脳梗塞の後遺症で寝たきりになるという事

   

脳梗塞の後遺症で寝たきりになるという事

脳梗塞は日本人の死因第4位の病気で、脳の血管が破裂または詰まる病気です。

突然現れるその症状は実は少しづつ兆候が表れている可能性があります。

今回は手遅れになり後遺症になってしまうとどうなるのか?その予防方法と寝たきりになってしまった場合どういう生活になるのかを考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


リハビリで脳梗塞の後遺症による寝たきりを予防する!

脳梗塞のリハビリの主な目的は、「再発の防止」及び「日常生活における機能障害や能力低下からの回復を目指し、生活の質の向上と維持をはかる」ことにあります。

再発防止のためには、脳に血栓ができるのを防ぐ投薬治療や、動脈硬化・高血圧・糖尿病などのいわゆる生活習慣病の危険因子を遠ざけるための、生活習慣の確立が必要です。

改善のため、脳梗塞の食事療法の実践と同じくらい効果的で欠かせないのが「リハビリを通じた適度な運動」です。

機能障害等からの回復という点では、後遺症で寝たきりとなったなどの理由で筋力が衰えたり、あるいは関節が固まったりする、いわゆる「廃用症候群」を予防することが主な目的となります。

廃用症候群では肺炎や認知症などの二次的障害を起こすリスクも高まるため、残っている機能を活性化し、なおかつ廃用症候群によってそれらを失わないようにすることが、リハビリにおいて目指すべきことになります。

通常は、発症・治療後のできるだけ早い段階で、理学療法士や作業療法士・言語聴覚士・看護師・臨床心理士らの専門家チームによる療法を通じて、リハビリが開始されることになります。

引用元-脳梗塞のリハビリと後遺症 押さえておきたいポイント

脳梗塞の後遺症で寝たきりに 在宅介護にかかる費用は?

1.食費(胃ろうの栄養剤費)

2.衣類、オムツ代

3.光熱費

4.ショートステイ利用時の居住費、食費、別途部屋代(個室利用など)

5.往診費用(胃ろうの管理など)

寝たきりの場合、自分で口から食事が取れない方がほとんどです。その場合、在宅で介護しようと思ったら胃ろうの造設が必須となります。
??脳梗塞で意識不明|寿命は?寝たきりになったら胃ろうは作るべき?

一旦胃ろうを造設すれば、必要な費用は栄養剤にかかる医療費(在宅では主に保険が効く栄養剤(薬剤)を使います)と胃ろうを維持するための訪問診療や往診、訪問看護に要する医療費くらいです。

となると、

1と5の胃ろう関係を含めた医療費は上限の12000円となります。

2の衣類、オムツ代はおおよそ10000円前後(市区町村によっては自治体の高齢者サービスでオムツ支給がある所があります)

3の光熱費は世帯によって様々ですが基本的には今までの生活通りの額で問題ないでしょう。

4のショートステイ利用は主に介護者への負担軽減のために利用することが多いです。

週末(土日)に特別養護老人ホームへ短期入所(シィートステイ)させ、その間に介護者は休息をとるといった感じでしょうか。寝たきり患者の外出の機会を設けるという意味でも欠かせないサービスです。

要介護5の場合、介護保健適応外で支払わなければならない食費、居住費、別途部屋代を含めて1日利用あたりおおよそ3000?4000円となります。(施設によって変動あり)
1ヶ月のうち毎週末1泊2日でショートステイを利用した場合、計8日利用にて30000円ほどになります。

介護サービス利用料とこれらを合計すると(光熱費は除く)

・要介護5の自己負担限度額:最大36000円前後

・往診費、胃ろう管理含めた医療費:最大12000円

・衣類、オムツ代:10000円前後

・ショートステイ利用時にかかる介護保険適応外の費用(計8日):約30000円

1ヶ月あたりの介護費用

合計:約88000円

となります。

引用元-脳梗塞・脳出血で寝たきり|在宅介護にかかる1ヶ月分の費用は? | 脳卒中に関する悩みを解決するブログ

後遺症で寝たきりにならない為に!脳梗塞の兆候を知る

脳梗塞は、小さな脳の血管がつまってしまう「ラクナ梗塞」、大きな脳の血管がつまってしまう「アテローム梗塞」、心臓でできた血栓(血の塊)が血流で脳まで運ばれて脳の血管がつまってしまう「脳塞栓症」の3種類に分かれている。

いずれにしても脳の血管がつまってしまうことで発症するわけだが、脳梗塞の患者の約3割は、本格的な発作を起こす前に「一過性脳虚血発作」(TIA)と呼ばれる「前触れ発作」を経験しているとされている。

TIAの症状は、「片方の手足や顔半分のマヒ・しびれが起きる」「ろれつが回らなかったり、言葉が出なかったりする」「片方の目が見えなかったり、物が2つに見えたり、視野の半分が欠けたりする」「うまく立てない、歩けない、ふらつく」など、基本的には脳梗塞と同じだ。

数分から30分ほどで症状が消えてしまう(一過性)のため、「もう問題ないや」などと安心し、放置しておく人も少なくない。

だが、TIAが一度起きると、脳梗塞を発症する可能性は高まると言われている。中でも、60歳以上の高齢者や、高血圧・糖尿病の既往のある人などは、特にTIAが出た後早期に発症する危険が高いと言われているため、注意が必要だ。

引用元-「脳梗塞=死亡・寝たきり」の考えは古い!?–脳梗塞発症サインと最新治療法 | マイナビニュース

脳梗塞の最新治療は「発症から4,5時間以内」がポイント

最近では2005年に日本でも投与可能となった「血栓溶解薬(t-PA)」を静脈から点滴する「血栓溶解療法」が登場し、脳梗塞に対する急性期治療は大きく変化したと福島医師は話す。

t-PAを投与し血管につまった血栓を溶かすことで再開通させ、血液が再び流れるようにする治療法だ。

「t-PAは、脳梗塞が発症してから4.5時間以内に投与できれば大きな効果が見込める薬です。

ただし投与は早いほどよく、発症から4.5時間ギリギリで投与した人と30分で投与した人では、明らかに発症から30分の人の予後の方がいいです。

一方で、一般の方への認知度がまだまだ低いせいもあり、脳卒中専門医療機関への受診が遅れ、脳梗塞のうち実際に投与した患者さんは数%にすぎないという問題点もあります」。

そこで発症からすでに4.5時間が経過してしまったケースや、t-PAを投与してもつまった血管が再開通しなかった場合、今度は「血栓回収療法」と呼ばれる血管内治療にスイッチする。

この治療法は血管内にマイクロカテーテル(細長い管状のもの)を入れ、血栓を回収することを目的とする。

この治療法は、発症から8時間以内に行えば大きな効果が見込める。

引用元-「脳梗塞=死亡・寝たきり」の考えは古い!?–脳梗塞発症サインと最新治療法 | マイナビニュース

脳梗塞を発症しやすい人と発症しやすい時間帯

心室細動も高齢者になるほど多く発症し、65歳以上の3%に見られると言われます。

高血圧・糖尿病・うっ血性心不全を有する高齢者であれば、心原性の脳梗塞発症リスクはさらに高まります。

梗塞巣が非常に大きくなることが多く、血管の破裂による脳内出血を伴うこともあるため、発症時の症状も命に関わるような重いものになりがちです。

時間帯でみると、血圧がもっとも低くなる夜中から明け方にかけて血栓がもっとも作られやすい状態になるため、たとえ睡眠中であっても、ラクナ梗塞やアテローム梗塞を起こすことがあります。

また朝の起き抜けの活動開始時は心臓にできた血栓がはがれやすい状態になっているため、心原性脳塞栓症が起きやすい時間帯とされます。

脳の病気のなかでも特に高齢者に多いのが、この「脳梗塞」といわれます。

しかしながら単に加齢だけが病気の原因というわけではなく、やはり高血圧や糖尿病・心臓病、喫煙や飲酒などによる生活習慣の乱れが危険因子となって起きる「生活習慣病」のひとつであることも確かです。

脳梗塞はどちらかといえば女性よりは、男性に多い病気となっています。

また、脳梗塞は再発しやすい病気でもあります。

その再発率は年間およそ2~3%程度ともいわれ、もし脳梗塞となった場合、発症後1年程度は十分気をつける必要があります。

引用元-脳梗塞の前兆と症状~予防・治療の概要を知る

twitterの反応

 - 健康

ページ
上部へ