これぞ晴天のヘキレキ

部長と課長ではどっちが偉い?求められる能力は?

   

部長と課長ではどっちが偉い?求められる能力は?

会社の役職で部長や課長がありますが、どちらが偉いか知っていますか?

また部長と課長に求められる能力の違いとは何でしょうか。

会社にもよりますが、部長と課長の間に次長という役職もあります。

この次長とはどういった立場の人なのでしょうか。

次長のほかにもあまりよく分からない役職や肩書のある会社が多いようです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ウインナーをレンジ調理で時間短縮!しかし注意点も!!

ウインナーを朝食やお弁当に使われている方も多いと思います。 ...

ウィンドウズの起動時のパスワードについて教えて

ウィンドウズを起動する時にパスワード入力を要求されますが、毎...

インフルエンザに感染しても発症しないって!?


インフルエンザに感染しても、発症しない人はいます...

インフルエンザに感染したかも?発症させない方法ある?

家族がインフルエンザを発症したら自分も感染し、発症するのでは...

インフルエンザにかかっても、発熱が37度という場合


インフルエンザにかかると、身体がかなりしんどいも...

インフルエンザなのに出勤するのは迷惑ですか?


満員電車で隣の人がゲホゲホ咳をしているのを見ると...

インフルエンザで高熱!40度出たらどうする?

風邪で高熱が出る事はありますが、40度の熱が出ると慌ててしま...

インフルエンザb型と検査で判明!いつからうつる?

今年も流行したインフルエンザ

イン...

インテリアの雑誌に投稿をしたいけれど

インテリアが大好きな人は、自分のお気に入りのものを雑誌に投稿...

インターネットと電話とtvをもっと快適に!契約の疑問とコツ


初心者にも分かる!インターネットや電話とtvを契...

インスタのコメントを見られるのが嫌!そんな時の対処法


お洒落な写真が投稿出来る大人気アプリのインスタグ...

no image
エアコンのコンセントを抜くと節約できるって本当?


毎月の電気代を節約したい!

エアコンのコンセントが遠い場合どうする?

エアコンを付ける時にはコンセントが必要です。
...

え!?大学の体育が必修ってどういう事ですか・・?


あれ?うちの大学って体育が必修なんだ・・入学して...

no image
ウナギ釣りのシーズンと仕掛けについて


ウナギといえば、土用の丑の日!
<...

うちの赤ちゃん指が長い!これって普通?大丈夫?


初めての赤ちゃんはとっても可愛くしょうがない! ...

no image
ウサギを猫から守ろう!散歩で気を付ける事とは?

犬、猫に続きペットとして飼いたい動物で人気なのがウサギちゃん...

no image
ウォークマンの曲でcdを作成したい!


ウォークマンの曲をPCと共有する時は、同社のソニ...

ウォーキングしてるのに体重が落ちないのはなぜ?


ダイエットを決意してウォーキングを始めてみたもの...

no image
イープラスでチケットが取れない!いい席を取るポイントは?


好きなアーティストのライブに行きたいけどチケット...

スポンサーリンク


部長と課長ではどっちが偉い?

部長と課長どっちが偉いんですか?その上と下も教えて下さい。

引用元-部長と課長どっちが偉いんですか?その上と下も教えて下さい。 … – Yahoo!知恵袋

課長より部長の方が偉い!名刺交換の順番は?

順番としては部長が一番上

■「部長」
部長はそれぞれにおけるトップを指します。

■「次長」
部長の下に次長がいて、次長は部長を補佐する役職者及び、課長を監督する役職者を指します。

■「課長」
課長はそれぞれの課におけるトップを指します。

■「係長」
係長はそれぞれの係りにおけるトップを指します。

このように、係長から上がるにしたがって、ランクも上がっていきます。

挨拶や名刺交換の役職の順番とは

ビジネスマナーでは挨拶、名刺交換の際は役職の高いもの同士から順番に行うのがルールです。この時に順番を間違えてしまうと、相手に対して失礼なので、くれぐれも気を付けていきましょう。

挨拶する側とされる相手がどちらも複数名いる場合の順番も覚えておく事も大切です。

名刺交換や挨拶は「目下→目上」

名刺交換や挨拶での役職の順番として、原則は「目下の役職から目上の役職に対して名刺を差し出す」という事を覚えておきましょう。

この時複数名いるといった場合には、その中で最も目上の人から名刺交換を始めていきます。

主な例としては、

係長→課長→次長→部長の順番に挨拶をしていきます。

引用元-係長・次長・部長・課長など役職の偉い順番【名刺交換・挨拶】 | ビジネスマナーのことならキャリアパーク

部長の下で課長より偉い次長って何?

実際の業務は企業や部署にもよるが、主に部署内の運営事務の統括や部署長の代理などである。

ただ、多くの企業において、中高年の役職不足解消のために設けたという背景もあり、新興企業には次長職が存在しないことが多い。逆に、若年のために部長職につけず、次長とする場合もある(社内ヒエラルキー維持のため)。

この場合、直属の部長は空席か本部長兼務というのが多く、実際の部長の仕事は次長職の者が執行していることもある。

引用元-次長 – Wikipedia

部長に求められる能力・課長に求められる能力

課長と部長では

現場と経営

戦術と戦略

短期と長期

小局と大局

と求められる能力は変わることが見て取れます。

年功序列組織で、もし課長と部長でこの能力が逆転しているとさまざまな不条理が組織には漂います。

課長には実務遂行能力、執行が求められ部長にはビジョンと意思決定が求められるといえます。

育てる力は課長・部長ともに求められるものの、課長が育てる対象は現場社員であり、教える力が求められる。

部長が育てる対象は課長クラスであり、気付かせる力が求められるといえるようです。

引用元-■課長VS部長 求められる能力はどう違う?|前川孝雄の”はたらく論”

お客様とのお酒の席で部長と課長の差が出る事も

研修が終了して、近所の居酒屋で懇親会になりました。

我が社の課長はお客様と談笑しながら楽しくお酒を飲んでいました。

一方の部長は談笑しつつ、しかし常にお客様をおもんぱかりながら酒を飲んだ。

周囲の杯が空になっていると気づけばお酌をし、何となく話の輪に入ることのできない人がいたら積極的に話しかけた。

このお客様に気遣いの差が部長を部長たらしめている。

「お客様に対する感度の違い」は、どうしたら分かるのか。

一つはチャンスがあるごとにお客様に聞く。

もう一つは、お客様と接している現場を定期的に視察して回り、お客様はもとよりパート・アルバイト社員にもヒアリングする。

もちろん「A課長はどう?」とあからさまな質問はしません。

しかしA課長のお客様や部下が本心で彼をどう思っているかは、どんなに隠していても必ず口調や態度に表れます。わたしはそれを決して見逃しません。

それに、本当にお客様に愛され、部下に慕われている課長が統べる部門は、まず例外なく雰囲気が明るく、活気がある。

引用元-部長になれる人、課長で終わる人 / SAFETY JAPAN [小山 昇氏] / 日経BP社

部長・課長とは違う よく分からない役職・肩書

■よく分からない肩書 Top5

第1位 課長代理……7人(3.1%)

第2位 アドバイザー……6人(2.7%)

同2位 課長心得……6人(2.7%)

第4位 課長補佐……5人(2.2%)

第5位 次長……5人(2.2%)

同5位 スーパーバイザー……5人(2.2%)

同5位 スペシャリスト……5人(2.2%)

同5位 相談役……5人(2.2%)

同5位 部長代理……5人(2.2%)

会社が定める役職・肩書には、「ヒエラルキー」を強く示すものと「仕事の中身・職種」を強く示すものがありますね。

「部長」「課長」などは、管轄する部署の大きさによって、会社でのヒエラルキーを示したものですが、そこに「補佐」「代理」「心得」などが付くと、それがぶれるように感じるのではないでしょうか。

例えば「課長とどっちが偉いの?」とか「課長と権限はどっちが上?」といった感想を持つ人が多くなり、「中身がよく分からない」となるのではないでしょうか。

その意味では、1位「課長代理」、2位「課長心得」、3位「課長補佐」、5位「部長代理」が挙がるのは当然かもしれません。

「相談役」も単語だけ見ると偉いんだかなんだか分かりませんね。

2位「アドバイザー」、5位「スーパーバイザー」同5位「スペシャリスト」は、「仕事の中身・職種」を示したものですが、この片仮名表記では実際の仕事の中身が伝わりにくいですものね。

引用元-「課長心得」「テクニシャン」!? 偉いの? 偉くないの?仕事の中身がよくわからない肩書Top5 | 仕事全般 | 内定・仕事 | フレッシャーズ マイナビ 学生の窓口

学校組織には部長や課長などにあたる役職がない

民間企業、役所などの組織体制は、一般的に「ピラミッド型組織」と呼ばれます。

社長を頂点として、局長、部長、課長、係長、一般社員…と職位が下がるにつれて人数が増え、裾野が広がるからです。

一定役職以上は「管理職」と呼ばれ、ある程度の権限が与えられる代わりに、責任を負います。こうして組織の節目ごとに管理職を置き、権限と責任を分散させることで、組織全体を有機的に機能させるのが、「ピラミッド型組織」の特徴と言えます。

一方で、これとはまったく異なる組織体制を敷いてきたのが学校です。

学校の中には、職員が100人規模に上るところもありますが、「ピラミッド型組織」の「部長」や「課長」に当たる中間の管理職がいません。

頂点に「校長」がいて、その下に「副校長」あるいは「教頭」がいるものの、管理職はこれだけ。基本的な職位は横並びに近い状況があります。

こうした学校の組織体制は、「鍋ぶた型組織」と呼ばれています。

校長と副校長(教頭)だけが飛び出ていて、他は横並びという形状が、鍋のふたに似ているからです。

ちなみに、校長・教頭による2トップでの学校経営は明治期から続いてきたものですが、長らく教頭の位置付けはあいまいなままでした。

管理職として法制化されたのは1974年のことで、それ以前、制度的な管理職は校長だけでした。鍋ぶたも、より柄の部分が短い形状だったわけです。

引用元-学校教育をめぐる誤解と謎(7)――「鍋ぶた」と「ピラミッド」 (教員養成セミナー) – Yahoo!ニュース

twitterの反応

 - 未分類

ページ
上部へ